Special Live Ⅷ
2015年 6月21日  東京・サンミケーレ  レポート:JUISUさん
記念すべき50周年の年が過ぎ去り、また新たな時を刻み始めて・・・アッと言う間に、今日と言う日を迎えました。
今年もこのライブを実現してくださったJunkoさんに感謝し、私としては初参加となります。
サンミケーレスペシャルライブに足を運ぶことが出来て、本当に嬉しく思います。
お茶会で訪れている会場とはいえ、やっぱりLive♪ 
まるで別世界のような異空間です。
どんな世界にも溶け込む様な、屏風の片隅にグランドピアノとベースが静かに佇み、Junkoさんを待ちわびる皆様の熱い思いが、はち切れんばかりに澄み切っています。
どんな風に弾け飛ぶのか、ドキドキ
ワクワクしていました。

登場曲は 
太陽は燃えている
僕のすべてを 命かけて♪ ~とこしえの愛 永遠に変わらず♪
『きゃあ~
』 『わぁ~』 
思った通り、皆様の思いがあちらこちらで弾け、澄みきった歌声と輝かしい笑顔で私たちを一瞬でトリコにします。
Junkoさんステキ! やっぱりあなただ
さあ、いよいよ夢の時間の始まりです!
皆で一緒に【汀夏子の世界】に出かけましょう。

始まりは、いつもながらの思いやりあふれる挨拶です。
「素晴らしい拍手をありがとうございます。ハッキリしないお天気は寒気のせい!?
心配していた大雨も、小雨で助かりました。今日、ここへ足を運んで下さった皆様に感謝します。
暖かいお心に触れるとリラックス出来て本当に嬉しいです。」
と、相変わらず爆笑を誘うお喋りの中、感謝の心が一杯のJunkoさんです。
「そういえば、今日は父の日、お父さんと呼ばれておられるれであろう方が沢山・・・・
家族ではなく、汀を選んで頂いて良かったんですか!?どうそご自由に!」
常に世の中の新鮮な情報にアンテナを立てていらっしゃるJunkoさん、
父の日の花が 『ひまわり』だという事、学ばせて頂きました。
「それでは、そろそろ参りましょうか!」 
 待ってました!
まずは、「シャンソンの世界」へと誘います。
1曲目は
時は過ぎていく ~切ない時間が流れます~
まだ余韻の残る中、難しすぎると思っていた衣裳の説明をJunkoさんがして下さいました。
「今日の衣裳、珍しいでしょ。生地を選んで1から作りました。
ここも(縁取りの所)も1枚の布じゃなく、この線を合わせて持って来て、このラインを出しております。」
なるほど、素晴らしい!
袖口、襟回りまで、布模様を上手く合わせて見事なラインになっています。
ピンクとグリーンのWラインが美しく活かされています。
ダークブランを基調とした、ブラウスと言って良いのでしょうか!?
袖はマンダリンスリーブで袖口にかけてゆったり広がっています。
脇にはスリットも入っています。
桃色、青緑色少しばかりの黄色の花が、大き過ぎず小さ過ぎず存在して、シャンソンの世界のみならずマッチしています。
パンツとパンプスは白で統一感を出し、ダークゴールドの3連イヤリングは、程良い長さで流石の出で立ちです。
大好きなスポーツ観戦(テレビで)のお話の後・・・・

2曲目は 
ボン・ボヤージュ ~また切ないです~
ボン・ボヤージュってどんな意味なんだろうと思っていたら、ちゃんとJunkoさんが説明して下さいました。
船の旅「限定」の サヨナラの言葉だそうです。
「もちろん、そんな思い出なんか誰も無い?!」なんて、しんみりとした空気の中にあっても、フッと笑いを誘う、Junkoさんの話術に感心します。
シャンソンの世界、切な過ぎる最後の曲は 
想い出のサントロペ
~あの人を今 殺しました
「こんな歌詞ってある?!」と、Junkoさんがおっしゃる通り、私の中にもちょっと衝撃が走りました。
「愛し過ぎて殺す!こんなサスペンスないですよね。きっとピストルで殺したんだと思うの」って、
サスペンスが大好きらしいJunkoさん・・・ちょっと考えてみたそうです。
余談ですが、フランス映画の”太陽はいっぱい”(アランドロン)もサスペンスだったんですね・・・
今回、シャンソンの世界では、別れがテーマのようでしたが、暗く成り過ぎず、切ない独特の世界観を味わう事が出来ました。

続いては気持をガラッと変えまして【カッコイイ男の世界】へと参りましょう。
1曲目は 
RAINRAIN
傘、そんなものいらないよ♪
「今日この日にピッタリの曲になってしまいました」
宝塚を退められてからすぐのこの曲は、Junkoさんにとっても私達にとっても、大切な想い出の歌ですよね。
もう1曲は 
バーボンブルース
バーボンの名前の由来が、ブルボン王朝に因んでいるということで、
ああ・・・ブルボン王朝~アントワネット様~べるばら~と、縁を感じました。
その窓を閉ざすなよ そのままにしておけよ♪
ああ!思い出しました。確かに聞き覚えがあります。
でも違います。何かが違います。
心のひだがあの頃と変わったのでしょうか・・・・
Junkoさんのステキな声が、深く沁み込んで震えます
~男 男 男 ・・・女 女 女・・・・♪
あぁ しびれます。引き込まれます。素晴らしすぎます!
感動を残しての・・・退場です・・・・

早変わりで再登場の曲は 
愛の宝石
~清く正しく美しく~
「もう、切り替えが大変!」とJunkoさん。
いよいよ【宝塚の世界】へ旅をする時間です。
夢の世界に妖精が舞い降りたかのような純白の衣裳は大小の輪模様が優しく存在していて、袖はマンダリンスリーブのシースルー
同じく輪の模様が散りばめられ、前裾と少し長めの後裾もまあるく優しいラインです。
前立てはシルバーで光輝き、スタンドカラーが、付け替えられたシルバーの素敵なイヤリングの存在をアピールしています。
両手の指輪の存在感と100周年を終えてバッサリ切られたという髪も素敵に染められ美しく、流石Junkoさんです。
そんなJunkoさんが、私達の為に選んで下さった5曲は、どれもさまざまな想い出とエピソードを持つ歌ばかり~
それぞれの思い出にどっぷりつかりながらのメドレーです。
 
アマールアマール(ノバボサノバ) 生きるときめき(星影の人)
 
そよ風の青春(風と共に去りぬ)
 
花の色は白(朝霧に消えた人)
 
別れのフラメンコ(去りゆきし君がために)
~大きな大きな拍手~ 酔いしれます
特に最後の 別れのフラメンコは、ピアノとベースのコラボで、ギターとはまた違った味わいでした。
様々な世界を垣間見ながら、いつもながらの本当に楽しいお喋りの数々、
そんな夢の時間が終わりを告げようとしています。
最後の曲は、汀夏子オリジナル! 
パリのギャルソン
困った時には 訪ねておいで♪ 悲しい時には 会いにおいで♪
Junkoさんの魅力全開です♡
自然に湧き上がる手拍子と歓声にのって、最高に盛り上がります。
~愛しているんだよ♪
『キャーッ
』 『ワーッ』 (拍手喝采)
ああそう言えば、私達ってずっとこんな風に、Junkoさんに愛されてきたんだなぁって
しみじみ幸せに浸ることが出来ました。
歌の後、沢山の花束贈呈に続き、お世話になって3年目という演奏者の方々を紹介されました。

そして、Junkoさんの真心のこもったアンコール曲は
あなたに (センセーションのエンディングテーマ)
この世に生まれた あなたに♪
何度聞いた事でしょう。何度思い知らされた事でしょう。
生きて有る今に、あなたの存在に、出会えた奇跡に、感謝します。『ありがとうございました』
~何度も何度も、会場の全ての人に~
「本当に幸せでした。皆様お元気で!」
惜しみない拍手の中・・・・退場です・・・
Junkoさん こちらこそ本当にありがとうございました。
アッという間の90分!
至福の時は、こうして過ぎ去っていきました。
~時間は止められないけれど、こんな幸せがあるから生きていける。
久しぶりの陶酔でした
Junkoさんと、Junkoさんを愛する全ての人に、 カンパイ