桂由美物語  
 2016年5月23日(月)~26日(水) 日本橋三井ホール レポート MAY  
 
ブライダルの第一人者、桂由美さんの創作活動50周年
桂由美さんの半生を描いたミュージカル「桂由美物語」が初の舞台化となり、
ジュンコさんは、由美さんのお母様・みつ子さん役でご出演されました。

誰が着るんだろう?このウエディングドレス....
さあ、開幕です

幕が上がると、舞台中央に桂由美さん役の森口博子さん
現在の由美さんに良く似ていらっしゃるのに驚きました。

この舞台、上手・下手にセットが作られていて
舞台中央では時代を表す映像が映され、当時の音楽がBGMとして流れます。
ナレーションで物語を進行しながら、時代の移り変わりに合わせ、上手での芝居、下手での芝居という風に交互に見せていくという、ちょっと珍しい演出になっていました。

さて、まず下手では・・・

由美さん専属のお針子さんだった亡き母の後を継いだゆかりさんが、ウエディングドレスを仕上げるために、徹夜覚悟で頑張っています。
そこに由美さんが現れ、結婚のこと、仕事のこと、トレードマークのターバンのことをお話しされます。そしてどうしてこの世界に入ったのか?というところから、
物語は過去へと回想していくのです。

 春のうららの・・・  
心地よいハミングが聞こえてきました
口ずさんでいるのは、お母様役のジュンコさん
とても若々しくて初々しいです!

ライトだけで由美さんの存在を表現した中での1人芝居です。

『もう3年生でしょう。
 あなた運針が本当に下手ね、私の娘なのに。

 お父さんとね、お見合いをしたのは・・・
 東京で勉強がしたかったから!
 お爺さんは昔気質の人で、女に勉強は必要ない!って。
 そう、お父さんに言われたわ。
 結婚より、勉強が目的だったんだろう? 
 ウフフフフ
 私が小岩服飾学院を建てたのは、
 女性たちを生き生きと輝かせたいと思っていたから。
 あなたもしっかり勉強して、この気持で頑張ること。
 共立高等女学校に行きなさい』


とても、難しいお芝居だな~と思いましたが、
流石ジュンコさん! 
まるでそこに由美さんがいるかのように語りかけられ、
娘を優しく見守るお母様を、見事に演じておられました。

演劇を志していた由美さん、服飾の道を進ませたいお母様ですが、
文学座に合格した由美さんをとりあえず1年通わせる事にします。
その卒業公演の日に、グループりーダーであった芥川比呂志さん(芥川龍之介さんの長男)に母娘で相談に行きました。

芥川さんに取り次ぐ劇団員が宝塚OGの千葉吉美さんです。 
劇団員『芥川にご面会の方ですね?』
みつ子『はい、いつも娘がお世話になっています』
劇団員『べつに~。芥川が今来ますけど(中略)手短にお願いしますよ』と、
横柄な応対に対して、
みつ子『まぁ~まぁ~まぁ~ 感じの悪い! 芥川と呼び捨てにしてたわ!
    背丈も態度も大きい女!宝塚に入って男役やればいいのに』
と笑わせます。

そこに芥川さんが登場されます。
共立で服飾の勉強をしながら文学座で演劇の勉強と二足の草鞋をはく娘の将来を心配するお母様は、娘に演技の才能があるのか? 芥川先生に尋ねます。
先生は、『女優を目指すのは大学を出てからでもいい。これからの女優は知性も必要だから、大学でしっかり学んでから、文学座にまた戻ってきてもいいんじゃないか』と、アドバイスをされます。
自分の演技の才能に自信を失いかけてた由美さんは、先生のアドバイスを受け入れ、演劇をあきらめた寂しを埋めるかのように、大学の勉強に打ち込み始め、ファッションの世界に魅力を感じ始めるたのでした。

その時代、進駐軍によるアメリカ文化によって洋装が急激に増えました。
のファッションショーが各地で開催され、女性たちが自分の服を作り始めた結果
1951年には、和・洋裁の学校が3770校を超え、生徒数は35万人にもなっていたそうです。

そんなある日のことです

みつ子さんは、お隣に下宿している商学部の学生さんが気にいってるようで、
彼に学校経営を任せて、由美さんはデザイナーとして、二人三脚でやっていってはどうか?と縁談を仄めかします。
由美さんは、結婚と仕事は切り離して考えたいと、ピシャリとはねのけます。
『わかった』と、ちょっぴりションボリした様子のジュンコさんの表情が可愛いくて!

みつ子『華族のお友達がむこうで作ったイブニングドレスをたくさん持っているの。
    今度一緒に見にいく?』

由美 『ウエディングドレスも!?』
みつ子『あるんじゃな~い?』なんて、母・娘が楽しそうに会話を交わしています。

イブニングドレスは(共立)理事の鳩山薫さんから見せてもらったことがあり、
ご主人の鳩山一郎先生に初めて会った事を興奮気味に話す由美さんの話を、うんうんと
相槌を打ちながら、優しいまなざしを向けるお母様でした。

1953年 由美さんは大学を卒業しお母様の学校の副学院長になりました。
いい映画が外国からどんどんやってくる時代です。
『ローマの休日』のオードリーヘップバーンの、ファッション、髪型、ネッカチーフが話題になりました。
1957年に、『パリの恋人』のスチールを見て、あることを思いつき、由美さんは映画館にかけあいに行きます。
映画と同じ衣装を、映画の公開前にファッションショーをしてはどうか?
モデルは学校の生徒がするので、無料でやりますと提案し、話はトントンと進みます。
学生達は夢中で、準備にとりかかります。
この時に、卒業を控えた木山さん(高木澪さん)に、卒業後は助手になってほしいと、由美さんはデザイナーへの夢を語ります。
そして、桂由美のマネージャー兼プロデューサーとして、生涯のパートナーとなっていくのです。

1960年
日本デザイン文化協会の視察旅行でパリへ行き、そのまま留学することに決めた由美さんに、
視察旅行は賛成したものの、1年も留学することに戸惑うお母様
木山さんが必死でお母様を説得しますが、そのためには200万もかかると・・

みつ子『あなたそれだけあれば、家が一軒建つわよ!?』
由美 『前に言ったでしょ、私の結婚資金を貯めてるって。それを出してくれない?』
みつ子『何言ってるの!
    あなたの結婚の方が、あなたがパリに留学するより、私はずっと嬉しいわ』

由美 『留学させてくれたら、帰国して2年以内に結婚する。
    結婚資金も全部自分で出すから。お願い、お母さん!!』

みつ子『あなた、お母さんって呼んだことあった? 
    いつも、ねえとか要件だけとか。
    母親と思ってないんだと、思ってた・・』

由美 『だって、先生とか、ね~とか、なんだか呼びづらくて。
    それだけ私にとって偉大な母だったの』

みつ子『まぁ。。こんな時だけ・・・・もう。。
    いいわ、あなたが、”お母さん”って呼んでくれた記念に、留学資金を出す。
    ただし、結婚の時は自分で出すこと』


由美さんに初めて、”お母さん”と呼ばれた嬉しさ、娘への愛しさがとても感じられる場面でした。


パリで収穫したのは、平面で型紙をとるのとは違う、立体裁断です。
美しいラインのドレスを作るには不可欠な技術です
これから日本でもどんどん流行するはずだと、いよいよウエディングドレスへ・・・・
でも、この時代は、ドレスの生地、ベール、白い靴、など、揃えることに苦労します。
そこで、ウエディングドレス専門の販売店を作ろう!と決意し、
まずはデパートに”ブライダルサロン”を作らせてほしいと営業に出かけました。
ところが、結婚式は和装だという、またデパートの収益の大部分は呉服であるという壁にぶつかり、由美さんは挫折を味わうのです。
そして、人に頼っては前に進まない、
それならば自分でブライダルサロンを作ろうと決心します。
そのために、諸外国の結婚式を視察してまわりたいと、再びお母様に資金のお願いにやってきます。

由美 『お願い、これがお金を出してもらう最後にする』
みつ子『お店は借りるの?』
由美 『赤坂か青山あたりにちょっと高いけどいい物件があるの』
みつ子『お家賃払えるの?
    毎月のお家賃の事で悩むのは、クリエイティブな仕事の妨げになるわ。
    高い家賃を払えなくなって、それでおしまい じゃあしょうがないでしょう。
    ね、小さくてもいいから、自分で建てなさい!
    そう、銀行からお金を借りて、ローンで返すこと考えなさい。
    日本で初めての事をするのだから、覚悟しなさい
    あなたへの風当たりは、強いわよ』


娘が切り開こうとする道、それを心配しつつ、応援し、背中を押すお母様
この時のジュンコさんのセリフには、そんな母の気持が溢れ出ていました。


1964年暮れ 赤坂にブライダルサロンを開店します!
日本初のブライダル専門店、社長兼デザイナーとなった桂由美さん
従業員の前でご挨拶され、
由美『私の母で、小岩の文化服飾学院長、ここの出資者の一人でもある重役』
と、お母様をご紹介します。
みつ子『え~ このたび~』とご挨拶しようとすると、『挨拶は抜きで』と由美さんに遮られてしまいます。

この時のジュンコさんの様子がコミカルで、ジュンコさんならではの可笑しさ。
今回のお芝居でも、お笑い担当はジュンコさんです。

こうして桂由美ブライダルサロンがスタートしました。

さあ、最初のお客様がウエディングドレスを買いにやってきました!
ウエディングドレスが夢だったと、もじもじしながらも嬉しそうにドレスを選び、内金まで払っていかれたのですが、数日後、婚約者とキャンセルしたいとやってきます。
彼のお母様が、ドレスは安っぽい、和装に文金高島田しか許さない、ウエディングドレスを着るなら結婚させないと、大反対されたと言うのです。
こういうことが何度もあり、ウエディングドレスは反対される、
和装業界からもバッシングされる、そんな時代だったのです。
そんな風潮に負けず、由美さんは、ウエディングドレスだけのファッションショーを開くことを思いつき、当時の有名女優さんたちに、モデルとしてウエディングドレスを着ていただく事にしました。
そこに、お母様がファッション評論家の中林さんを伴ってやってきます。
中林さんは兼ねてから由美さんに一目置いていたようで、お店も一目で気に入り『女性誌のコラムで日本初のブライダルサロンを紹介しましょう』と言います。
そこで由美さんはファッションショーについて中林先生に意見を求めます。
『ブライダル』という言葉をわかってもらえるか、迷う由美さんに、お母様は
『わかるわけないわよ』と言います。

そのやり取りがテンポよく、ついフット笑ってしまう母娘の会話です。
中林さんは、『初めての事を始めるのだから、名前も新しい方がいい。』とアドバイスし、『桂由美ブライダルファッションショー』を開催する事になりました。
そして、そのショーは大成功に終わりました。
様々なバッシングを受けながらも、お店は徐々に軌道にのっていき、
由美さんも気がつけば40歳。

まだ独身の由美さんを心配するお母様は、お見合いを進めようとしていました。
みつ子『先生、由美は結婚する気はないのかしら?
仕事も軌道に乗ったし、そろそろいい人見つけて、身を固めたらいいのに。
もう40越したでしょう。
こないだ雑誌に、私は今適齢期ですって書いてたわ~
もうとっくに12月25日のクリスマスケーキのくせに』
と、中林先生に結婚させたいのだと訴えています。
中林先生は、由美さんは、日本初というものを次々実現させていく。その才能は唯一無二の人と高く評価していて、由美さんの結婚話には乗り気ではありません。
みつ子『先生は、独身?』と先生に矛先を向けるお母様に、自分は離婚歴があるので、由美さんに失礼だと。
みつ子『あら、嫌なの?』 
なんて、そこでの中林先生との会話が、ほのぼのと楽しく、良き相棒!という雰囲気でした。
結局、お母様がお見合いをセッティングし、大蔵省官僚のご主人と出会う事になりました。
饒舌な彼に一目ぼれだったそうです!

1972年 乃木坂に桂由美トータルブライダルハウスがオープンし、由美さん夫妻の新生活が始まりました。
森口さんが、誰が着るんだろう~と歌います。

ここで物語は現在に戻り、話し終えた由美さんが時計を見ると、もう午前3時過ぎです。
眠ってしまったゆかりさんに
”このウエディングドレス、あなたが着られるといいわね”と語り掛けて ー幕ー


2幕の幕開けは、出演者が次々に桂由美さんを表す言葉を紡いでいきます。

ジュンコさんのセリフは
『次々に新しい事を言う人』
『根っからのロマンティスト』
『幸せなカップルを目の前にして子供のように笑う人』

聞き取りやすく優しい声で、とても心がこもった言葉でした。

お芝居は、ゆかりさんとお父さんの場面から始まります。
結婚か仕事か悩むゆかりさんや、由美さん夫妻の物語を中心に展開していきます。

NY進出に向けての準備が始まった由美さんの元へお母様と中林先生が訪れます。
アメリカの文化に合わせてセクシーさを求めたドレスを考えたり、新しいアイデアをどんどん実現していく由美さんを、感心して見守るお母様
みつ子『資金に困ったらいつでも言いなさい。
    多少の蓄えはあるからね。
    私貯める人、あなた使う人』

とここでも、笑いを誘われます。
ジュンコさんが登場されると、その場面が、しまったり、和んだり・・・
存在感の大きさを感じます!

チャールズ皇太子とダイアナ妃のロイヤルウエディングの影響で、ウエディングドレスが注目を浴びるようになり、さすがにウエディングドレスへの風当たりは弱まりましたが、
由美さんは、今度は、男性のタキシードとモーニングという風潮に一石を投じ
燕尾服を提唱し、紳士服業界から、また大バッシングを受けることになります。
発表から1年経っても、1着も売れない状態でした。
そんな時も、中林先生は、由美さんを励まし、あきらめるな!と言い続けます。
そして、燕尾服を一流ホテルの貸衣装室に置いてもらうよう営業活動を進め、
とうとう、ウエディングドレスと燕尾服が、爆発的な人気を得るようになったのです。

1987年には、パリで初のコレクションを成功させ、順風満帆かのように見えましたが・・・
この頃から、由美さんには、悲しい出来事が続きました。
いつも仕事の相談に乗っていただき、応援してくださっていた中林先生が急死されたのです。

その1年後
由美 『早いものね』
みつ子『中林先生が亡くなって、もう1年がたつのね・・』
由美 『先生がいないと寂しいでしょ。
    いつも一緒にお食事してらしたから。』
みつ子『あなたもたまには食事くらいつきあいなさい。
    バチは当たらないわ。』

由美 『そうしたいんだけど・・・
    そうね、相談したいことも山積みだし』
みつ子『体には気をつけてね。
    1年中全国各地を飛び回ってるんだから、
    ゆっくり話すこともできないわ。』

忙しい娘となかなか思うように話しができない寂しさ、そんな母親の心情がジュンコさんの表情から痛いほど伝わってきます。
由美 『ね、どうかしら?』
みつ子『ん?』
由美 『来月長崎でショーをやるんだけど、一緒に行かない?
    妹も誘って3人で!』
みつ子『え!? 名案ね!!
    ね、オランダ村にも行きましょうよ。 
    帰りに別府に寄って博多でフグをいただきましょう!
    嬉しいわぁ』


目をキラキラ輝かせ、子供がはしゃぐように、本当に嬉しそうな笑顔です。

ところが、その1ヶ月後、
すべての手配を済ませた直後・・・
お母様は亡くなってしまったのです。

臨終の場に、由美さんは間に合いませんでした。
遺言もなく、最後の言葉を交わすこともなかった
『母は私にとって、最高の応援者だった』と、木山さんに話します。
そのとき、静かに聞こえてきたのは、【花】のメロディ
ジュンコさんの最初の登場で、ハミングされていた、あのメロディです。
娘たちとの旅行をあんなに嬉しそうにしていた笑顔が思い出され
ここでの悲しみをより一層強いものにしていました。

そして1990年12月には、旦那様が永眠なさいました。

90年代になって、由美さんは、結婚式の着物の革命を起こしました。
桂由美が着物にまで手を出したという反感が強く、由美さんは人生3度目の大バッシングを受ける事になりました。
和装は着付けに時間がかかるので、簡単に着付けられるツーピースになった着物、
そしてそれに合ったヘアスタイルを提案し、
【YUMI・KATSURA スタイリッシュジャパン】と名付け、新和装スタイルで、お色直しにかかる時間を20分まで短縮させたのです。
当然、業界からは大バッシングを受けましたが、
その頃の由美さんは、どんなバッシングにも泰然自若とされていました。
1993年には、由美さんがデザインして作った博多織の祭服をローマ法王に献上し、その年の復活祭にお召しになられました。
その後の桂由美さんの活躍は目覚ましく、私たちの記憶にも新しいものですね。


結婚より仕事!と、一度は結婚を諦めたゆかりさんですが、
由美さんから、結婚して仕事も続けるように、アドバイスされ、
シビルウエディング(宗教色のない市民結婚式)を挙げる事になりました。
そして、ゆかりさんが、一生懸命作っていたウエディングドレスは、
由美さんからの結婚祝いとなったのです。

お芝居はここで終わり。

この後、本物のシビルウエディングが行われるのです。
一般の方からの応募で、いろんなカップルの結婚式が行われました。
初日には、高木澪さんご夫婦の結婚式が行われたり、
震災があったせいで・・など、様々な事情でお式をあげられなかった方達が
由美さんのウエディングドレスを着て、親族と舞台の観客に見守られて式を挙げられました。
シビルウエディング、素敵ですね!

厳かに式が執り行われた後は、いよいよフィナーレです。
出演者全員が、桂由美さんデザインのドレスで登場するという、なんとも華やかなフィナーレです。

ジュンコさんのドレス姿に期待がいっぱい!
ワクワクドキドキしてきます。

ジュンコサンの登場に思わず、”わぁ~ 素敵!!”と、声があがります。

雪のように真っ白で、華奢な肩が片方だけ見えて、ジュンコさんのデコルテラインの美しさを際立たせるデザインのドレスです!

落ち着いた濃紺のベルベットは、深みがあって、艶があって、とても華やか!

ヘッドドレスも素敵で、ヘアスタイルにとてもお似合いです。
こんなドレスを、なんなく着こなしてしまうのが、ジュンコさん!

その立ち居振る舞い、ドレスの裾さばき、流石!
とても高貴な雰囲気を醸し出していて、どこかの国のお妃様!?の様でした。



今回の舞台は、現代物で、実在した方々の、真実の物語でした。
ジュンコさんは30代から、亡くなられた70代までの幅広い年齢を演じられました。

ヘアスタイルや衣装といった外見も工夫され、
声のトーン、セリフの言い方などで、年月の移り変わりを見事に演じわけておられました。

長い時代を一気に駆け抜けるので、場面展開が早く、ともすれば感情移入がしにくい、難しいお芝居だったのではないかと思います。

その中で、ジュンコさん演じるお母様みつ子さんは、
時代の先端を行くキャリアウーマンであり、娘の良き理解者、応援者として存在し
普通の母・娘でありたい母の心情や、由美さんへの思いの深さ、愛情、
そして母としても大きくなっていく姿なども感じさせられました。
女優・汀夏子の存在感は、とても大きなもので、
いいお芝居を観せていただいたな~という、満足感いっぱいの舞台でした。