Mister kelly's Special Live Ⅻ
  ホテルビスタプレミオ堂島 Mister Kelly's  2015年 6月6日  レポート:KAWAII MAKIGE さん 
紫陽花が花を咲かせる6月、待ちに待ったケリーズの日が来ました。
今年は12回目、いつもより早く【満員御礼】になり期待に心は膨らんでいます。
今か今かと待つ喜びを噛み締めながら、ジュンちゃんの登場を待ちます。
大きな拍手と歓声と共に、
太陽は燃えている でジュンちゃんの登場です‼︎
ジュンちゃんはこげ茶色に花柄のブラウスに白のパンツで、上品でちょっと大人の雰囲気が漂う感じで、とてもステキです。
♬いつまでも大空に太陽がある限り、永久の愛 永遠に変わらず♬ の歌詞がいつも以上にファンの心に染みます。
曲が終わっても拍手と歓声は鳴り止みません。
それどころかどんどん歓声は大きくなって、客席中「キャー!」という声の渦!
更にジュンちゃんは歓声に応えてくださり、カッコいい熱い視線が飛んで来て初めから大盛り上がりです。
「乗せないで、乗せないで」とジュンちゃんはおっしゃいます。
乗せているのではありません。
どんなに今日のこの日を待ち望んでいたか、そんな私達の気持ちの表れです‼️
昨日の雨が嘘のような今日は快晴!
ジュンちゃんは「太陽がある限り頼むで〜と思ったら バーとお日様が出てきた!」とおっしゃいました。
ジュンちゃんはいつも雨も、雨を降らす雲もどこかへやってしまう晴れの女神ですよね

昨年は100周年、ジュンちゃんは50周年で何回も大阪に来て下さいました。
「いつもいつも俺は生きてるぜ!と歌ってるみたいで、もう101年目はグッタリ、ガタガタ・・・」とおっしゃいました。
ジュンちゃんは全身全霊で舞台に立って下さってたと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

〈週刊新潮の掲示板のお話〉
50周年を終えられ身体を休められていたある日、週刊新潮の方から電話があったそうです。
今まで掲示板に2回掲載されていて、今回も何かないかと連絡があったそうです。
1回目の時は「森の石松」の次郎長の公演をする時で、何かありませんか?と掲示板に載せられました。
その時は何の音沙汰もなかったそうです。
2回目の時は「日舞の会」の時に踊る演目の資料はありませんか?と載せられました。
その時は1人ファンの人からDVDを送っていただいたそうです。
今回3回目の依頼があった時は
「100周年50周年が終わってガタガタであっちもこっちも痛いだけで何もない、本当に効く膝の薬を探してるだけ・・・」仰ったそうです。
でも新潮の方が「それいきましょう‼︎」と言ったそうです。
ジュンちゃんはびっくりされたそうですが、そういういきさつで3回目の掲載になったそうです。
そうしたら返事が「来るわ!来るわ!」
20通以上来て、特にご自分の経験で年配の男性の方が多かったそうです。
何と「掲示板ありがとうございました」と全ての方にお返事を書かれたそうです。
何と律儀なんでしょう‼︎
ジュンちゃんの素晴らしさがわかりますよね〜
するとまた返事が来てジュンちゃんはびっくり‼︎
きっと返事をくださるなんて思ってなく感動して出されたのでしょう。
そして今試しているのは北海道の天然の漢方薬「イタドリ」だそうです。
ここでジュンちゃんからの問題! 「【イタドリ】ってどんな字を書くと思います?」
何と虎杖と書くそうです。
普通読めないですよね〜
ジュンちゃんは既にご存知で、それは築地のお寿司屋さんの名前なんだそうです。
「100周年終わってガクガクきちゃってなるやろ・・・頑張ってきたんやから・・・」とおっしゃいました」
ジュンちゃんが頑張って来られたことに頭がさがるとともに、
私達ファンの為に身を粉にしてこられたことに、あらためて感謝の気持ちでいっぱいになり言葉になりません。

〈健康に関するお話〉
最近健康に関するテレビも多く、ジュンちゃんがびっくりされたのは
「寝る時は寝返りうたなあかんて、寝返りなんて寝てるのにわからへん」ジュンちゃんのおっしゃる通り!
何と、ジュンちゃんは仰向けで音沙汰もなく寝ていらっしゃるそうです。
現役の頃の愛称が「ポテチン」というぐらい横になったらすぐ寝ていたそうです。
また地方公演では寝息もなくまわりから死んでると思われたぐらい静かに寝ていたそうです。
ジュンちゃんは寝ている時も貴公子みたいですね

ある日スーパーに行った時、大葉がすごくいいと言ってたことを思い出し、大葉を買うことにしたそうです。
スーパーでは大葉が5枚重ねてゴムで束ねていて、トレイに入っていたのをトレイのまま買わないと思ってレジに持って行かれたそうです。
え〜っ‼️
レジの方に「9ツですけど・・」と言われた時に「そうやって売ってました」とおっしゃたそうです(大爆笑)
その瞬間、1束ずつ取ればいいことに気付かれショックだったそうです。
「日頃の生き様が垣間見えますでしよ・・・」と照れくさそうにおっしゃいました。
その時のジュンちゃんのお茶目な可愛い光景が目に浮かび客席は大爆笑の渦でした。
ジュンちゃんの素の部分のお話が聞けて幸せでした。

しっとりとシャンソン3曲、まずは 
時は過ぎてゆく
先程の会場の笑いの渦が一変してしっとりとシャンソンの世界へと入っていきます。
ボンボヤージュ  女性の切ない船の別れを歌われます。
愛した人が他の人に気持ちが移り、彼を見送る切ない別れの光景が目に浮かびます。
思い出のサントロペ
不思議な別れの曲。
「シャンソンはドラマがあって想像できるところは凄い」とおっしゃいました。
私達もジュンちゃんの歌われるシャンソンの世界がまるで映像のように浮かび、感動的で大好きです。

〈シャンソンで船の別れを歌った船繋がりで船に乗ったお話〉
現役7.8年生の時、地方公演で神戸港から船に乗って大分に行かれたそうです。
生徒は三等船室でポポポポと船の音が響く船底で寝なくてはいけなくて、
ダーとオイルサーディンみたいにきれいに並んで寝たそうです(爆笑)
当日着いて舞台で「春ふたたび」という作品で一旦出たら入れなくて、平民がず〜っと座って並んでそちらこちらで寝ている人続出。
大変な思いをされたそうです。
また、一昨年日本丸に乗って横浜から礼文島に行く船でショーをされた話もして下さいました。
2回ショーがあって12曲ずつ全て変えられたそうです。さすがジュンちゃん!

宝塚を辞められてから阿久悠さんと大野克夫さんにカッコイイ男の人をイメージして
12曲も作っていただいたオリジナルの中から
今日は快晴だけど、6月といえば
レインレイン
何度聞いてもカッコイイ‼️
この頃ファンの人が一所懸命リクエストして
今ふたたびポニーテールをがテレビの「ベストテン」20位以内に入ったことをおっしゃいました。
それって凄いことですよね。
私達もあの頃毎日必死でハガキ書いたことを思い出しました。
大阪のラジオ番組では1位を取ったこともあったんですよ‼️
次は、男、女関係なく長い夜をもてあます時に呑みに来たらずっとつき合うよ、という
バーボンブルース
男の色気を漂わし、もうファンの心を鷲掴みです。
カッコイイ余韻を残したまま退場されると客席では「カッコイイ・・・」と溜息でいっぱいです。
白で袖がオーガンジーでシャボン玉のような水玉模様が入り、後ろが燕尾風丸くカットしているジャケットに着替えられ 
愛の宝石 で登場です。
先程の大人の雰囲気とは180°変わり妖精のよう   とても綺麗でウットリと見惚れてしまいます。

何組に配属されるかで運命が変わるとおっしゃいました。
実はジュンちゃんは月組に入りたかったそうです。
えーっ⁈驚きです!
「考えてもみて、花月星はきれいのに雪はドロドロで汚ないし寒いし・・」とおっしゃいました。
そんな、雪は白くて優しくて厳かでとても綺麗です。
それがジュンちゃんにぴったりで、雪組以外の組なんて考えられません。

〈宝塚メドレー>>
アマールアマール (ノバボサノバ)
  鴨川先生の歴史に残るショーであんな素晴らしいショーはないとおっしゃいます
生きるときめき(星影の人) 
 最後に北斗ひかるさんの主題歌でセリが上がり、天国へ行く場面で緞帳が降りると、
白けた照明に変わり大道具さんが片づけていくと 
「総司は何処へ行った・・・」と毎日いつも切なくなっていたそうです。
私達も毎日感動に涙していました。。
そよ風の青春 (風と共に去りぬ)
 プロローグでは白、赤、緑とドレスを着て凄く可愛かったですよね、
ただキャミソールを着ていたので、息が出来ないくらい苦しかったそうです。
スカーレットがまだ結婚もしていない本当に少女の頃の 
幸せに満ちて青春を謳歌していた頃のこの曲が大好きだそうです。
あまりにも暖かく切なくなるそうです。
私達も大好きな曲で、自分達の青春時代にジュンちゃんを見ていたのとだぶって涙が止まりません
花の色は白 (朝霧に消えた人) 最後の日本物で、初日にプロローグの大早替わりで袴の片方に両足を入れてしまったそうです。 音楽は止まらない。両足入った方の片足を袴を着たまま股上上げて、もう片方の方に入れたそうです。 死んだかと思ったそうです! 普通に考えたら袴を着たままそんなこと出来るはずがありません。 不可能を可能にしてしまうジュンちゃんは凄い‼️ 扇を使う振りも当初は扇を飛ばす振りだったそうです。 でも先生に「ちどり」で一式ごちそうするからと変えていただいたそうです。 別れのフラメンコ(去りゆきし君がために) 切なく歌いあげられます。 このメドレーの選曲は素晴らしく、宝塚時代のジュンちゃんがそのまま目の前にいるようです。 自分達が観ていたものが重なり涙が止まりません。 そしてジュンちゃんのオリジナルパリのギャルソンで私達にパワーを下さいました。 パ・リ・のから客席が一斉に手拍子に包まれ一体となりました。 それはジュンちゃんのステージを観ることで客席が幸せいっぱいになった証しですよね‼️ 「100年済んだら誰もけーへんと思った」とおっしゃいました。 そんな訳ないじゃないですか・・・どれだけこの日を待ったことでしょう・・・ 最後はあなたに(センセーション) 客席の全てのファンにジュンちゃんの大きな愛を与えて下さいました。 ジュンちゃんのお姿を見ながらこの曲を聞いていると心が熱くなります。 客席全ての方へ何度も何度も「ありがとうございました」と言って下さり 「お元気で!今度またお会いします!今年中にお会いします‼️」と、 サプライズなお言葉がありました。 客席は「キャー‼️」歓声のままケリーズの幕は降りました。 今年51年目の年、待ちに待ったケリーズは終わってしまったけれど、 「今年中にお会いします」とおっしゃった言葉を胸に 明日からも頑張って前向きに生きていけます。 そう思える幸せに感動し感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。