薔薇とシンフォニー
 2016年1月9日~17日 東京芸術劇場       レポート Happyさん
 2016年が明けてすぐの1月9日から17日まで東京芸術劇場で「薔薇とシンフォニー」が公演されました。
毎日日替わりで元タカラジェンヌが出演し、オーケストラの演奏で歌い踊るステージです。
Junkoさんは10日の13時・18時公演、11日、そして14日の計4回ご出演されました。
今回はオーケストラの演奏でJunkoさんのお歌を聴かせていただける貴重なステージであり、胸をドキドキさせながら上京しました。
ロビーへ入るとご出演されるたくさんのスターさんへのお花がところ狭しと飾ってあり、とっても華やかです。
コロッケさんからJunkoさんへのお花もあり、コロッケさんのお心遣いに感動です。
客席は少しレトロな印象で落ち着いた感じでした。
会場にはいろんな宝塚のいろいろな時代の作品の主題歌が流れています。
ドキドキしながら客席に座り開演のベルが鳴るのを待ちます。

いよいよ開演のベルが鳴り、幕が開くと舞台奥にはオーケストラの皆さんがスタンバイされていて、「スミレの花咲く頃」の演奏から始まります。
そして、「ばら・ベルサイユ」を下級生の皆さまが歌い・踊ります。
途中で「愛あればこそ」の前奏が始まったので、Junkoさんやオトミさんが登場されるのかと姿勢を正したのですが、前奏だけでもう一度「ばら・ベルサイユ」に戻り歌と踊りに終始したオープニングでした。

司会のウルさんは客席からのご登場。
自己紹介ではウルさんらしく「熊組トップスター」っておっしゃっていましたよ。
でも他はいつになく真面目?なウルさんの進行に少し私たちも緊張気味の幕開きです。

この日の1部で歌われた曲をご紹介しますね。
椿火呂花さんーOne life、Two love(エイジオブイノセンスより)
朝澄けいさんー海への憧憬(聖者の横顔より)
初風緑さんー愛の面影(ベルサイユのばらより)
遠野あすかさんーあなたをみつめると(スカーレットピンパーネルより)
彩乃かなみさんー星から降る金(モーツァルトより)
舞風りらさんー夢人(ザ・レビューより)
麻乃佳世さんー白い花がほほえむ(ラムールアパリより)
紫ともさんーOver the Rainbow(オズの魔法使いより)
平みちさんー君はマグノリアの花の如く(風と共に去りぬより)
高汐巴さんーグランドレビュー「アンドロジェニー」の主題歌
瀬戸内美八さんー歌いつづけて
安奈淳さんー忘れじの面影(アズナブールさんの曲より)
榛名由梨さんー恋の曼陀羅(新源氏物語より)

スターさん同士のトークもなく、淡々と舞台が進行していっている印象でした。
司会のウルさんも控えめな印象で、ウルさんトークが爆発するのを、今か今かと待ちわびながら舞台は進行していきます。

 そして、我らの愛するJunkoさんは1部では生きるときめきを歌って下さいました。
白いパンツと白いレースのジャケットで登場されたJunkoさん。まさに妖精そのものです。
Junkoさんが登場された途端に、会場に爽やかな、そして柔らかな空気が流れたように感じました。
ところが、聞き入っているとあら不思議!
妖精のJunkoさんがいつの間にか総司様に見えてくるんですよね。
これはJunkoさんファンだけが感じたことではなく、どこかのどなたかもツイッターで「袴をはいていらっしゃるように見えた」っておっしゃってました。
それってJunkoさんがあの当時と同じお心で、まさに総司様の気持ちで歌ってらっしゃるというか、総司様を演じていらっしゃったからだと思うんです。
本当にあの時のままで、お歌を聴くだけでスッと物語の世界に入っていけるような気がします。
余命を宣告されて残りの人生を剣にかけると誓った総司様。
そして限りある命ゆえに玉勇さんへの切ない思いが溢れてくる、玉勇さんが愛しくてたまらない、そんな歌声に聞こえました。
改めてこんなに素敵な総司様にこんなに愛された玉勇さんってホントに幸せ者だなって思いました。
でもそれ以上に幸せなのは、こんなお歌を聴かせていただける私たちなのかもしれませんね。

 10日と11日はJunkoさんが最上級生だったのでソロで歌われるのはJunkoさんがラストでした。
14日はJunkoさんの後ショーちゃんが歌われた後で下級生の皆さんによる「さくらさくら」の幻想曲の歌とダンスでした。
Junkoさんの歌声に浸っている耳と心に、さくらさくらの幻想曲が遠くに響くような感じで、ぽーっとした頭で舞台を見ると大勢で踊ってらっしゃって、なんだか夢のような異次元の空間のような、とっても不思議な感覚で1部の幕は降りていきました。

 幕間休憩ではあちらこちらで顔を合わせる汀ファミリーの皆様。
みんな異口同音に「素敵やったねぇー」「さすがJunkoさんやなぁー」「劇場の空気の掴み方がすごいわ」とぼーっとしているような、興奮しているような、まだ夢の中といった表情でおっしゃっていました。

 そして興奮冷めやらぬ間に2部の幕が開きました。
先ずは下級生ダンサーたちによる「春の海」をアレンジしたダンスです。
ウルさんも踊りたかったそうですが、体重測定で落ちたそうですよ(笑)
このダンスの後、またスターさんたちが次々と歌って下さいました。

 2部で歌われた曲をご紹介しますね。
 姿月あさとさんー夜明け(姿月さんオリジナル曲) そして、今は
 遠野あすかさんー私だけに(エリザベートより)
 彩乃かなみさんーYou Raise Me Up
 麻乃佳世さんー明日になれば(風と共に去りぬより)
 舞風りらさんー心はいつも(パパラギより)
 紫ともさんー大切なあなたへ(おひさまより)
 初風緑さん・朝澄けいさん・椿火呂花さん
    ーDance with me・バビロン・The Star Dust Party
 平みちさんー愛と死の輪舞(エリザベートより) そして今(アンドナウより)
 高汐巴さんー遥かなる旅路の果てに(遥かなる旅路の果てにより) 
       泣かないでアルゼンチーナ
 瀬戸内美八さんー魅惑のサンバ(魅惑より) 
         小さな花がひらいたメドレー(小さな花がひらいたより)
 安奈淳さんー兵士の別れ  ラストダンスは私と
 榛名由梨さんー君はマグノリアの花の如く(風と共に去りぬより)

ルミさんの「小さな花がひらいた」のメドレーのラストには、下級生たちが手をつないで歌いながら出てこられました。
その中には一緒に作品に出演していたウルさんや千珠晄さんもいらっしゃって、ウルさんも千珠さんも泣いていらっしゃいました。
宝塚のOG公演ではこういう作品にまつわる思い出を聞きたいし、ジェンヌさんたちの横や縦の繋がりを感じたいなぁーって思いました。
私はこの作品は拝見していないのですがジーンときた一瞬でした。

そしてJunkoさんは、私たちの大好きな丘の上のジョニーと別れのフラメンコを歌って下さいました。
全身スパンコールのダークレッドのジャケットスーツで登場されたJunkoさん。
ジャケットの中には黒いシャツを着ていらっしゃって、大きく開いた襟が少しワイルドでな印象で、出てこられただけで「キャー」って叫んでしまうほどめっちゃくちゃかっこいいんです。
あの目・あの視線・あの手・あの肩・あの背中・あの指先・・・・。ほんとに一瞬にして会場の空気が変わるんです。
そしてJunkoさんはジョニーになられます。まさしくジョニーです。
階段に足をかければそれは、丘の上に立つジョニーだし、視線を彼方に向けられれば、そこには青い空と海、そして丘が見えるような気がしました。
クリスティーンへの熱い想い、素直になれない自分と家族への思い、少し屈折しているけど心優しいジョニー。
「ひとりで生きるんだ」と言いながら寂しくてたまらないジョニーが、いろいろな思いを抱えながら生きることの素晴らしさとクリスティーンへの愛を叫ぶように熱唱されます。
この世界観を出せる人は、宝塚102年の歴史の中でもJunkoさんしかいないって心から思います。
そして今もなお青年の心を演じられるJunkoさんってすごいなって思います。


次は別れのフラメンコです。
他の方々は2曲続けて歌われたのでJunkoさんも・・・と思いきや!オーケストラの演奏は止まり、袖からウルさんが登場されたのです。
待ちに待っていたお二人の爆笑トークの始まりです。
「青年にならなあかんからしんどい」っておっしゃるJunkoさんにウルさんが「Junkoさんは永遠の妖精なので大丈夫。ジョニーそのものです」と返されます。
本当にその通りですよね。
そして物まねコーナーが始まります。
サヨナラ公演のフィナーレのラテンの場面の前に、舞台に出られるJunkoさんをウルさんが物まねされるのですが、それはもちろん面白くて大爆笑なのですが、その後にJunkoさんが「そんなんちゃうわ。ジタバタしすぎ。こうやろ。」と言ってご自分がしてくださるのがとてつもなくかっこよくて、年甲斐もなく「キャーキャー」叫んでしまいました。
でも叫んでしまったのは私一人ではなかったはずです。
それくらいかっこよくて、ハートをわしづかみです。
このトークはJunkoさんの物まねから始まって、ツレちゃん、オトミさん、ショーちゃん、ターコさん、麻路さん、そして究極の植田先生。お二人のトークは回を追うごとにどんどん長くなり、進化していきます。
とうとう千秋楽にはJunkoさんが瀬川瑛子さんの物まね(コロッケさんがされる『生まれる前から牛だった』です)をしてくださり、会場全体が大爆笑の渦に巻き込まれていきます。
これは想像ですが、おそらく出演者の皆さんも袖に集まって大爆笑されていたのではないでしょうか。
おなかがよじれるほど笑っていると、突然に「では汀夏子さんの別れのフラメンコです」とふられるウルさん。
「そんなぁーここでか」と言いながらも、その言葉の終わりにはすでにジュリオに変身されたJunkoさんが舞台上にいらっしゃいました。
この一瞬での変化!凄すぎます。
今回の「別れのフラメンコ」は本当に本当に素晴らしかったです。
もちろん「生きるときめき」も「丘の上のジョニー」も素晴らしかったですよ。
でも「別れのフラメンコ」は凄すぎたって印象です。
私の拙い文章力ではとても表現できません。
オーケストラの演奏で歌われるので、音に奥行きや空間を感じたこともあるでしょう。
サヨナラ公演は大劇場の3Fから観たジュリオ。
その時の印象そのままに目の前に時を超えてジュリオが現れたって感じです。
しかも、あの時よりもさらに進化して、研ぎ澄まされて、切なくて、かっこよくて。
自分でもビックリするくらい「キャーキャー」叫んでました。
でも前述のツイッターさんが『Junkoさんファンが何故永遠に少女たちなのかわかっちゃった。これは永遠の男役だよね。惚れるよね。キャーって言いたくなるよね。男役の集大成を見せつけられました。感服しました。言葉はいらない、これは半端な男役じゃない。とことん追求した男役の結晶ですよ。今の男役さんたちは全員みならうべきです』っておっしゃってました。
そうなんです。ほんとにそう思います。
ジュリオのメイクや扮装をされているわけではないのに、ジュリオにしか見えない。
Junkoさんが追求し続けてこられた男役の神髄・男役の心。
男性が演じるのではない、男役の魅力。
本当に感動しました。
 14日はショーちゃん・オトミさんの3人が唯一揃われる公演でした。
この日のプレゼントは、3人で歌って下さる愛あればこそ
オーケストラの演奏で、ベルばら4強と言われたうちの3人の「愛あればこそ」を聞かせていただけるなんて、夢のようなひと時でした。
ただ一つ残念だったのは、「愛あればこそ」を歌って下さる代わりにJunkoさんの「別れのフラメンコ」とオトミさんの「ラストダンスは私と」がなかったことです。
「愛あればこそ」は3人が揃われるこの日に劇場に足を運んだ人への特別なプレゼントであってほしかったです。
この日にしか来られていない方にも、ぜひJunkoさんの「別れのフラメンコ」を聞いてほしかったなぁーって思いました。
 スターさんたちのソロの後は、ダンサーたちが「ダンディズムの世界」を踊られ、その後は「宝塚・わが心のふるさと」「召しませ花よ」「すみれの花咲く頃」と続いて幕となります。「すみれの花咲く頃」を歌いながら、客席をご覧になるJunkoさんのなんとも優しい笑顔に私たちも笑顔満開です。
アンコールでは最上級生としてご挨拶され(10日と11日)、下級生のダンサーたちを讃えられるJunkoさん。
そしてオーケストラの皆さんに深々と頭を下げられるJunkoさん。
皆さんが並ばれたときに後ろにいる人を前に出そうとされるJunkoさん。
いつも舞台の隅々にまで心を配られるJunkoさん。
この公演のレポートをと言われましたが、私の拙い文章力ではとてもこの感動は言い表せません。
究極の男役・会場の空気を変える圧倒的な存在感・そして周囲の方々への細かな心配りをなさるJunkoさんのお人柄。
どこをとっても限りない魅力にあふれたJunkoさん。
そんなJunkoさんのファンでいられることに幸せと誇りを感じました。素晴らしい感動をありがとうございました。

 そして千秋楽の楽屋口に、Junkoさん、ショーちゃん、オトミさんのお三人が揃って姿を現して下さいました。
これはものすごいスリーショットですよ。
あの当時の日本人なら、宝塚ファンでなくてもこの三人のお名前はほとんどの人が知っていたのではないかと思うくらいの、伝説のベルばら4強のうちの三人のスリーショットですよ。
あれから長い年月を経た今、お三人がお元気でいてくださること、そしてこの場に自分がいさせていただける幸せにただひたすら感謝、感謝でした。