天童よしみ師走公演 『マッチ売りの少女』  
  
      
2015年12月12日~20日 大阪新歌舞伎座        レポート 茶々さん
 201512月、新歌舞伎座師走公演。
天童よしみさんの公演にジュンコさんがご出演になるのは今回が6度目。
さて今回はどんな時代劇?と思っていたら、公演チラシが届いて、え!?と息を呑みました。

 黒燕尾!!ジュンコさんの黒燕尾が観られるの?
男役でご出演なの?いやが上にも期待は高まります。
演目はなんと「マッチ売りの少女」、演出は宝塚の酒井澄夫先生!!

連日満員御礼の素晴らしい公演となりました。

シャンシャンシャンシャンと何処からか鈴の音がきこえて、
もろびとこぞりて
のピアノが静かに流れ、
開演前のざわついた客席が落ち着くと、ピアノの曲が軽快な♪赤鼻のトナカイに変わり…

この舞台の水先案内人となる室龍規さんが客席に登場
「今日皆様に観ていただくのは世界中の皆が楽しみにしている1224日クリスマスイブのお話です。」
それから、アンデルセンの「マッチ売りの少女」について話しながら舞台にあがり、
「皆さま、大変長らくお待たせいたしました。只今より天童よしみ版マッチ売りの少女の開幕です」と開幕を告げ、鐘の音がなり華やかな音楽とともに幕が上がると舞台はヨーロッパの街並み風な背景、上手と下手に街灯。

これまでの新歌舞伎座の舞台では経験したことがない洒落た幕開きにまずびっくりです。

1場 雪の降る街

ジャジーなアレンジの♬ジングルベルと鈴の音が楽しく響き、
スーツ姿で決めた合田雅吏さんを中心に
6人のダンサーの方々がクリスマスムード満載で歌い踊られます。
まさにワクワクのミュージカルのオープニングです!

それが終わると、背景の建物が真ん中から左右に分かれて開き、中央に数段の階段、
その上になんと可愛い(マトリョーシカ風の)マッチ売りの少女に扮した天童さんが現われ、
客席のあちこちから「わ~」とにこやかな歓声があがります。

私は街の子 (天童さん)

第2場 馬車が来る

「マッチはいかがですか。マッチを買ってください」と少女は次々と行き交う人に声をかけます。
天童さん特有の時折大阪弁になるユーモラスな会話が笑いを誘います。

クリスマスイブ、街行く人は足早に通り過ぎ、なかなかマッチを買ってくれる人はいません。
少女はシリアスモードになって、
「お母さんは死んでしまったし、マッチを売って帰らなければ酔っぱらったお父さんに家に入れてもらえない」と語っていた時、馬車が近づいてくる音とともに舞台奥(階段の上)に馬車が現れ、少女が転んで持っていた籠の中のマッチをぶちまけてしまい、馬車が大きな音をたてて止まったかと思うと、馬車の後ろから執事の男性(合田さん)が慌てて降りてきます。

「危ないじゃないか、こんな道の真ん中に立っていたら・・・。」と少し怒ったように少女に言うのですが、
少女は「でも、私マッチを売らなければ・・・」と転んだまま言うのです。
そこへ馬車の陰から煌めく黒燕尾に身を包み真っ白なストールをさり気なく流した素敵な正装の青年紳士!
ジュンコさんご登場です!

執事が気づいて「エドワード様」と呼びかけます。
エドワード様(ジュンコさん)は「君、大丈夫かい?」と少女の元へ歩み寄り、 「服が濡れてる、さぁ、つかまって」と少女に手を差し伸べて転んだままだった少女を優しく抱き起こします。
「マッチ、マッチが」と散らばったマッチを気にする少女、

エドワード様は「君はマッチを売っているのかい」と優しく尋ね、転がっていた籠を手に取りマッチを拾おうとするのを、
執事が「エドワード様、わたくしがやりますから。さぁ、馬車へお戻りください、体が冷えてしまいます」と、籠を受け取ります。

エドワード様は「大丈夫だよ」と。
少女は「マッチを売らなければ」と思い詰めています。
「こんな日に・・・」、と執事は呆れ顔ですが、

エドワード様は「寒いだろう、さぁ」と少女を暖めようと包み込むように手をとり
「手が氷のようだ、可哀そうに」
と優しく少女を気遣うのです。
少女は「ありがとう、おにいさん」とうっとり・・・。
エドワード様のどこまでも紳士的でかっこよく優しい眼差しに私たちもうっとりドキドキ♡あんな風に包まれてみたい!
と思ったのは私だけではなかったはず(
*^^*

執事が少女に今日はクリスマスイブだしもう日も暮れるから家に帰ったほうがいいと言うのを聞いて、
「そうだねぇ。クリスマスイブか。雪も降ってるし」と、
ふっと空を見上げる立ち姿も、ジュンコさん特有の間で少し感慨深げに仰る台詞も本当に素敵でした。

それでも少女は家には帰れないと言います。少女の事情を聞いて、
「そりゃぁ大変だ。それじゃぁそのマッチ、全部買ってあげよう」と救いの手を差し伸べるエドワード様。
くるっと振り返って執事に向かって、「さぁ、お金を出せ」、と少しいたずらっぽく仰いますが、執事は聞こえないふり。
持っているお金「全部だ」と言われて執事は渋々懐からお金の入った包みを取り出しエドワード様に差し出す、
おふたりのやりとりが楽しくて笑いを誘います。
あくまでも紳士な中にチョットやんちゃな男役の片鱗が垣間見えて楽しいシーンでした。

「さぁ、これで足りるだろ」と微笑んでお金の入った袋を少女に持たせます。
「こんなに?いいんですか?」と少女。
「いいんだよ」とマッチを籠ごと受け取って執事に渡し、
「それじゃこのマッチを燃やして手を暖めよう。」と言ってマッチ箱をひとつ手に取り、マッチを取り出して、
「いいかい」
と少女の目の前でマッチを擦ると、マッチの灯とエドワードさまの暖かさに包まれ、
「あぁ暖かい」と少女はとても幸せな笑顔になり、エドワードさまも「そうかい、よかった」と嬉しそうです。

そしてお二人で
 星影の小径 (ジュンコさん&天童さん) 
ジュンコさんが、
静かに 静かに 手を取り 手を取り あなたの囁きは アカシアの薫りよ
と歌いだされ、おふたりで アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも
夢うつつ 彷徨いましょ 星影の小径よ

この時のジュンコさんが天童さんを見つめられる目線や後ろからそっと肩を抱かれる感じがとてもとても優しくて、
愛で包み込まれるようで、ジュンコさんを見つめる天童さんの可愛いこと!
幸せ感溢れるデュエットに観ている私たちの心も幸せで満ちてゆくのです。
やがて幸せなデュエットの時は終わり、エドワードさまは少女に優しい微笑みを残しつつ去ってゆかれます。

第3場 炎

するとあたりは暗くなり気が付くと冷たい風吹く街にひとり少女は佇んでいるのです。
ここで暗くなってしまわないのが「天童よしみ版」

「寒い、、、骨身に凍みる、痩せた体に冷たい風が~~」に、客席からは笑い声。
「そうだ」とポケットに残っていたマッチ箱からマッチを1本取り出して擦ると
「暖かい。。。赤い炎が私を包んでくれるわ」とマッチの炎をみつめる少女の周りには赤い布を持った男性たちが現れ踊ります
(室さんと6名のダンサーの皆さん)振付を宝塚OGの室町あかねさんが担当されているそうで、赤い布を使ったダンスは、宝塚で見る闘牛士がマントを翻すダンスを彷彿とさせるかっこよさがありました。

第4場 忘れな草

激しい炎のダンスが終わるとあたりはまた静かになり、少女は、馬車に轢かれそうになった時に出会った青年のことを、「優しくて素敵な人だったわ」と追想して歌うのです。

忘れな草をあなたに (天童さん)
 
第5場 クリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。
クリスマスイブと言えば沢山のプレゼントにご馳走。
少女はお母さんやおばあさんが元気で生きていた頃、自分のために沢山のご馳走を作ってくれたこと、大きなクリスマスツリーがあった幸せな日々を思い出すのです。

舞台には大きなクリスマスツリーが現れて綺麗な電飾が点ります。

ケ・セラ・セラ (天童さん)  
♪心配せずに神様の手に任せましょう~と歌う少女の元にサンタ(合田さん)がやってきて、大きな袋からお花を一輪取り出して少女に渡し去ってゆきます。

第6場 七面鳥の踊り (クリスマスパーティ)

暗転の中、コンガの音が響き期待感が最高潮に達した時、一呼吸の静寂があり、パッと照明があたる。
舞台中央階段上にはなんと!
煌びやかな白&ゴールドのラテン風ドレスを纏い頭にはターバンに黄色い羽根飾り、大変身されたジュンコさん
(七面鳥なのだそうです)!!
宝塚のラテンの場面そのもの!室さんと6人のダンサーの皆さんもラテン風のお衣装で登場。

 サンバ風にアレンジされた♬サンタが街にやってくる を歌いながら、舞台いっぱい端から端まで動き踊られるエネルギッシュなジュンコさん。
客席にキュートでカッコイイ目線がとびまくり、ひらひらのスカートからのぞく御み足が美しい!

♪一緒に行こうよ 楽しいWINTER WONDERLAND と、とび切りの笑顔で手招きされると太陽の光を浴びているようで、新歌舞伎座が正にWINTER WONDERLANDと化していきます。

色々な表情を魅せながら男性ダンサーに次々に絡んでいかれるご様子も楽しく、客席も拍手と手拍子で大盛り上がり、
最後はジュンコさんの掛け声が響いてワクワク感
MAX
全員でポーズも決まってひと際大きな拍手がおこります。
客席をどんどん引き込んでいかれる様子は流石!のひとことに尽きます。
ショースターの本領発揮、発しておられるオーラが凄まじくキラキラと輝いて、さながら宝塚ショーの中詰めの盛り上がり!
心がパーンと解放される心地よさを感じられる本当に楽しく幸せな場面でした。

第7場 再び夜の街

華やかで楽しいクリスマスパーティの幻想が終わると、舞台は真っ暗になり、少女が父親に叱られている会話だけが聞こえてきます。
マッチが一本も売れなかったことを責められ家から出て行けと追い出されてしまうのです。
雪が降り冷たい風が吹く暗くなった街をひとりさ迷う少女。

「おばあちゃん、お母さん、どうして私一人を残して・・・どこへ行ったの。・・・・・。どうか私を助けてください」と少女は最後に残ったマッチを取り出して擦り、
「おかぁちゃ~ん」と天にむかって呼びかけた時、空が晴れて明るくなり…

♪~私に羽があったなら あそこに飛んで行きたいな キューピッドではないけれど みんなに幸せあげたいな~ と少女は歌います。
ロマンチックなキューピット (天童さん)  

第8場 夢のクリスマス

シャラランと星の流れるような音がすると、白いタキシード姿の執事(合田さん)が現れ、
「こちらにいらっしゃったのですね。探しましたよ。お嬢様、お迎えに上がりました。皆様がお待ちです。」

少女は「みなさまが?私を?」と戸惑った面持です。
執事「そうですよ、王子様もお待ちです。」
少女「王子様?」
執事「あなたがもう一度逢いたいと仰っていた王子様です。忘れちゃったんですか? ほら、あの馬車の」という言葉で少女は馬車に轢かれそうになった時の出来事を思い出します。

「あの素敵な素敵なあの方が王子様だなんて。私ももう一度逢いたいと思っていたあの方が王子様だなんて」と驚く少女。
「王子もあなたにもう一度逢いたいとおっしゃっていますよ」と告げると少女は輝くような笑顔になり、王子様の元へ参りましょうと執事は少女をエスコートして行くのです。


第9場 愛の天国

暗転の中、静かに美しい鐘の音が聞こえてきます。
舞台上手からゆっくりと静かに歩まれるシルエット。

ジュンコさんが舞台に一歩踏み出された瞬間から劇場を覆う空気が張り詰めてゆくのを肌で感じます。

舞台はとてもシンプルです。
真ん中に階段、左右に白い大きなツリー、白いホリゾントに照明だけでアーチ状のふたつの窓、その中央に十字架が映し出されています。
スポットライトがジュンコさんを捉えると真っ白なジャケット白いパンツ、金髪の髪が光に透けるように輝いて異次元の美しさです。
少し長めのスタンドカラーのジャケットがとても素敵で、キラキラと光るボタンが宝石のようです。

AVE MARIA (ジュンコさん)

ひとり どこへゆけばいいの この暗闇の中 今は
立ち尽くす 私は 何をめざし 行けばいいのだろう
神よ教えて あなたのため すべて捧げます AVE MARIA
辛い時にも我慢できた あなたがいるから
灯が消えた時に 手を差しのべてくれた
突然現れ 消えてゆくあなた 
不思議なこの愛 初めて恋をしたの AVE MARIA
AVE MARIA  AVE MARIA

歌われるうちに白いタキシードの背中に天使の羽をつけたダンサーの方たちがひとりまたひとりと現れて踊ります。

ジュンコさんを包む透明感が劇場全体に広がり、とても澄んだ世界に変わってゆくのです。
語りかける歌声、切なげな表情、真っすぐな眼差し、 伸ばされた指先が、胸の奥にそっと触れるような感覚に涙があふれました。
またひとつ、忘れることができない場面、そして歌に出会わせていただきました。

舞台奥には、キラキラときらめく柱のようなものが上から下りてきて、天国に上る光の道のようです。
中央の階段には白タキシードの天使たちがずらりと並び、
ジュンコさんはやさしい笑顔で舞台上手側に立たれ、下手から登場される天童さんをみんなで迎えます。
スモークの中、天童さんは、なんと真っ白なドレスにピカピカの電飾で飾られたお衣装で登場!
客席からは「おー」という感嘆の声、笑い声、拍手です。

天童さんを残して、退場されますが、ジュンコさんは本当に優しく見守るように何歩か後ろに下がるように歩かれた後、スッと上手の方をむかれて真っすぐ歩かれる、この何でもないハケ方が何とも美しく素敵で、お姿が見えなくなった後もなお舞台袖から目を離すことができませんでした。

愛燦燦 (天童さん) を歌いあげられ、歌い終わると、全員が白いお衣装(背中には天使の羽)で舞台に再び登場。

ジュンコさんだけは、先ほどのかっこいい長めのジャケットから、フェアリーな雰囲気のウエスト丈の真っ白なジャケットに変わっていて、王子様感満載です。

「さぁ、僕たちの幸せなクリスマス。歌って祝おう」と王子様のジュンコさんが仰ると、
天童さんが「私たちの幸せなクリスマス! そう言えば私のこのドレスもピカピカ光ってまるで天使みたいだわ」
ジュンコさんが「そうですよ!あなたは、みんーなの 天使なのですよ」と仰ると、

WHITE CHRISTMAS が流れます。
舞台はミッドナイトブルーに変わり、全体に無数の星がちりばめられたように沢山の小さな灯がともり、白いクリスマスツリーにも美しいイルミネーションが施されています。
ミラーボールからの光がキラキラと会場全体を包み、なんとファンタジックな
WHITE CHRISTMAS

天童さんのソロ~ジュンコさんのお声が美しく重なり、全員のコーラスになっていきます。
その間、ジュンコさんは階段のところに上がって行かれるお姿も、くるっとターンされるのも、ちょっとした振りもすごくかっこよくて指先まで美しく目が離せません。
最後は1列に並ばれて三方礼、そして最高の笑顔で手を振ってくださりながら、幕が下りていきました。
後には鐘の音が静かに響いておりました。

 

夢のような舞台でした。
 黒燕尾に白いストールのノーブルな男役。
 レビューの華やかなスター。
 永遠の妖精、永遠の王子さま。 

立ち姿の美しさも
 語りかけるお声も
 さりげない気障さも
 包み込む優しさも
 南国の太陽のような熱も
 チャーミングな美しさも
 ある種のカタルシスさえ感じさせる透明感と切なさも…
 語りだせば止まらないほど、何もかもが魅力的で。。。
 短い時間にジュンコさんの魅力が凝縮されていました。

異例の作品でした。
歌謡劇場と銘打った舞台でしたが、私は天童よしみさんと汀夏子さんというおふたりの出会いと、
これまでの共演で積み重ねて来られたものが、
「ヒューマンファンタジー」という新たな分野を開拓された作品だったのではないかと思っています。

これは紛れもなく「汀夏子の男役」が成立させたファンタジーです。
一般の商業演劇の中にただおひとり「男役」として立たれてゆるぎなく輝く「汀夏子の男役」
ジュンコさんが「男役」の「芸」を誇りに、「男役」を貫かれ、
現在進行形で素敵な「男役」でいてくださるからこそ観せていただけた舞台。
私たちファンが新歌舞伎座で、待ち望んだ「男役・汀夏子」でした! 

何よりも大きなクリスマスプレゼント、
幸せな幸せな「夢」をみせていただきました。