2015年 新春シャンソンショー      「紅白歌合戦」 

 レポート: おちゃめなジョルジュさん    

             メルパルク大阪にて 2015年 1月11日 

2015年、汀夏子様の51年目は昨年と同じ『新春シャンソンショー』で幕開けです。
開演前、ロビーはたくさんのお客様で賑わい「新年」そして「シャンソンショー」というだけあって少し華やいだ雰囲気につつまれます。
幕が上がり流れてきたのは『セ・シ・ボン』のメロディー。
まずは一番を白組キャプテン、ワサブローさん。
続いて二番を紅組キャプテン、ジュンコさんが歌われます。
やはり紅組を意識されてか、お衣装も赤っぽいエンジ色のジャケットに白のパンツ姿。
そのお姿に声に一瞬にして客席は魅了され、少しアップぎみのジュンコさんらしいアレンジに小粋なパリのムードが高まります。
「やっぱり素敵だなぁ…」なんてぼぉーっと見惚れている間に舞台ではお二人の楽しいおしゃべり。
京都出身のシャンソン歌手、ワサブローさんのプロフィールやお人柄を笑いを交えつつ紹介され客席にも親近感が芽生えます。
その後、ご出演の20名に加え、紅組はゲスト・秋元順子さん、初代団長・田嶋陽子さん、白組はゲスト・長谷川きよしさん、初代団長の川島弘さんが揃われ、和やかなムードの中、まずは『お正月』を全員で元気良く合唱。
シャンソン紅白歌合戦が開幕しました。


まず曲目をご紹介させて頂きますと

 『白組』  『紅組』
ジャッキー(つのだよしひろ)
そして今は(中村博次)
セラムール(渕上秀樹)
摩天楼(BUNYA)
アンコーラ(山田直毅)
ジョジョ(高山了一)
アコーディオン弾き(豪佑樹)
ラ・ボエーム(川島豊)
ヨイトマケの唄(あんこ)
パリへいらっしゃい(荒尾一夫)
時は過ぎて行く(川島弘)
黒の舟唄、愛の賛歌(長谷川きよし)
パダム・パダム(ワサブロー)
 
トワ(星奈佐和子)
水に流して(葉月ルミ)
ジュテーム(田口靜穂)
ある古い歌の伝説(甘南博子)
街角のアヴェマリア(菅じゅん子)
どうして歌うの(片山富子)
彼と彼女のソネット(かこい絵里加)
私の人生(伊藤ナオミ)
生きる(遺言)acco
悦楽のカフェにて(青木小夜子)
リリー・マルレーン(田嶋陽子)
愛のままで、愛遥かに(秋元順子)
ブルージーンと革ジャンパー(汀夏子)

※敬称略、順不同

これら紅白全26曲を交互に歌い競われる構成。
第二部の幕開きでは、昨年の大ヒット「アナと雪の女王」の一コマで客席も和んだ後、
応援合戦として和楽器ユニット『蓮風』が登場。
「三味線と和太鼓」の力強い響きに、会場は新春らしく『和の世界』に包まれました。

ジュンコさんは一部のトリに下手からご登場。
曲は『ブルージーンと革ジャンパー』。
お衣装は曲名に合わせ、少し明るめのグレーっぽい革ジャン、
黒地に銀糸で模様が施されたタイ、白シャツにジーンズ。
ちょっとアウトローな翳りのある視線、哀愁たっぷりの肩の線…。
間奏の間に赤の照明の中で踊られたダンスにはちょっと危険な大人の男の魅力も秘めつつ…。
すっごく素敵でした!!!
まさに瞬きするのも勿体無いくらい舞台に釘付け!
最後のかけ声や投げキッスに「キャー!」と思わず歓声も上がり、幕が降りた途端に泣き出すファンも続出。
一曲の中に描き出された「限りなくカッコイイ『男役・汀夏子の世界』」にますますゾッコンにさせて頂きました?

また今回のシャンソンショー。
「ジャッキー」や「ラ・ポエーム」などジュンコさんバージョンでお馴染みの曲も多々ありましたが、どの曲もその印象は全く異なり、シャンソンの世界は広く深く、歌詞も表現も様々なんだなと気づかされました。
と同時に、私たちがいつもいつも心震わせ、喜びや切なさに思わず涙してしまう「汀夏子の世界」の素晴らしさにあらためて感動し、その限りない魅力に触れられる喜びに幸せな想いでいっぱいになりました。

さて全ての曲のお披露目が終了し、いよいよ結果発表!と思いきや、ここでアクシデント。
「ちょっと、私、訴えたいですぅ…」と切り出されたジュンコさん。
『一部と二部の間行われた応援合戦に紅組の出番がなかった』
(確かに『蓮風』さんには白のマークがハッキリと掲げられており、紅組の応援はありませんでした。
いったいどうなるのでしょう???)
「これはおかしい!」真っ直ぐで正義感溢れるジュンコさん。
この事態に紅組キャプテンとしては黙ってはおられず真剣に猛アピール!
その熱意溢れる紅組愛に昨年と同じ方法で委ねられた客席のジャッジは……「紅組勝利」!
一件落着、めでたしめでたし。
どんなことにも手を抜かず、いつも真っ直ぐで一生懸命なジュンコさん。
くす玉を引かれるジュンコさんのちょっとはにかんだ様な照れた表情に
思わず微笑ましい気持ちになり会場は暖かい空気に包まれました。

新春から大きな夢のお年玉。
素敵で、かっこよくて、哀愁たっぷりなのに、ちょっとやんちゃでおちゃめで…。
今回はジュンコさんの色んな魅力が盛り沢山で、やっぱり「ジュンコさん大好き〜〜??」と感じた素敵な夢のひとときでした。

ジュンコさん、素敵なステージをありがとうございました。