東京のお茶会  2016年4月10日 サンミケーレ   レポート:MAY 

大阪のお茶会からちょうど1週間後、春らしいお天気に恵まれ、東京のお茶会が開催されました。
テーブルの方と今か今かと待っていると・・・・・
白いシャツに白いパンツ、デニムのジャケットを羽織ったジュンコさんが、到着されました!

まずはご挨拶を、と司会の方に促されると
『ちょっと顔を、皆さんの・・・・・』と、会場中のファンの顔を確かめるようにご覧になって
『お元気でしたか?今年は1月に舞台があったんですけど、なんかすごい久しぶりの感じがして。
1人でずっと過ごしてるから、久しぶりに会うのが怖いやら恥ずかしいやら・・ですが
50周年が終わり、今年で52周年目ですが、こうしてお顔を見せてくださるというのが、本当に嬉しいし感謝しております。
今日はようこそお越しくださいました、ありがとう!』
と、
優しい笑顔でご挨拶されました。

そして、ジュンコさんは、ジンジャエールで、私たちはオレンジジュースで、カンパーイ!
続いて今日のラッキーナンバー10番の方から、花束のプレゼントです。

ここからは、ジュンコさんの楽しいトークタイムです。
地方公演の思い出話になり、
トップの時は皆さんを引き連れてるという感覚があったので、駅の売店で、生徒さんたちに、
『ここで買いたいもの買いなさい〜』と、仰ってたそうです。
会場からは、”え〜?”って声があがったのですが、
『それぐらい、やっぱり、トップやから。
子供がこれ〜って言って、それにお支払いして・・みたいな、そういうのが、嬉しくて』

楽しそうにお話ししてくださいました。

そういえば・・・・立ち寄った駅の売店付近で、ジュンコさんのお姿をよくお見掛けしました!
  1978年9月 ベルばら地方公演    
        近鉄難波駅のホームにて
雪組は地方公演が多かったですね〜
地方公演中も、毎日の私服にとても気を使われてたそうです。
例えば25日間だったら、25通りのコーディネートを手帳に書いて、
着替えのはいったトランクを前半・後半で入れ替えておられたそうです。
『ファンの人も多かったから。
昨日とはちがう、こないだよりは全然違うな〜っていうのを見せたい
なんでやろ、この性分は、ええ格好しいやねん』
と仰ってましたが、
それは、どんな時でも、みんなを喜ばせたいという 
ジュンコさんの心が、そうさせたのでしょうね!

お稽古場でも、例えばスカーレットの時のスカートも、昨日とは違うようにしたい、
それで、最後の通しの日は、うわ〜って思わせるの着たいとか考えられてたそうです。
『だからコレ!っていうのは置いとくのよ、最後に一番ええとこ見せたいねん。
なんでこんなしんどいんやろ、って自分で思いながら、もうええやん・・って思いながら。』

と、毎日同じ服装にならないよう、常に気を配っておられたそうです。

『舞台でもそうですよ! 初日と楽はコレ着ようとか、わかってくれる?
ええの一生懸命着たよ、みんなに見せたよ』 
 
千秋楽はコレ着よう、皆さんにこれいい!って思ってほしいっていう気持がすごくあるんだと仰ってました。
オフのお洋服まで、私たちを楽しませるために選ばれてるジュンコさん
本当に、すべてすべて、ファンのために・・ですね!

1月のOG公演のお話しでは、ショウちゃん、安奈さんが楽屋が同室だったそうで
楽屋でのの面白話を紹介されました。
中野サンプラザで予定されている”麗人”のコンサートで、
ショウチャンとオトミがデュエットするそうで、そこでショウチャンが、
『ジュンコ、どう思う!? オトミが1番だけっていうねん。2番まで歌わなあかんよね 』と訴えてこられ
ジュンコさんは、
『そら2番まで歌わなあかんよ!』って仰って、
結果、2番まで歌うことになったらしいというエピソードなど、お話してくださいました。
『それをね、今度9月に赤坂でやることになりました。』に大歓声 

5月には桂由美さんのお母さんの役で、明後日から本読みだとか。
桂由美さんの歴史、パリに留学してた事や、あの頃はウエディングドレスはダメで、着物主流
注文されてたのも断られたりとか、そういうのを芝居の中で見せていくそうです。
ジュンコさんは、30代から亡くなられた77歳位までを演じられるので、
『お化粧とか、声のトーン下げたりして、老けていかなあかん』と、役づくりの抱負を語られました。

6月のシャンソンや、9月の麗人に向けての選曲も、まだこれからだそうです。
シャンソンでは、6曲くらいソロがあるようなので、楽しみです!
麗人の、J-POPも、ジュンコさんに歌っていただきたい曲、いくらでも浮かんできますね。

次に質問コーナーです

Q:今年もケリーズのライブをやってくださるとお聞きしました。是非東京でもお願いします。
J:去年は奇跡的にできたわけ、もうせーへんつもりやってんけど、盛大なる声援を受けて、今年もやりましょか、
  ってなったんです。
  大阪は11月20日、東京は11月27日にやります。
  もう最後やと思てますので、どうぞ皆さまお誘いあわせの上。。。

  
Q:桂さんはウエディングドレスデザイナーですが、ウエディングドレスといえば、さよならアランで着られましたね
  その時の心境はいかがでしたか?
J:私はもう着てるから、なんの悔いもない。嬉しかった! 
  やっぱりああいう衣装って、プライべートでも着れなかったから、嬉しかったですね。


Q:天童よしみさんとご一緒に出演の時、男役にすぐなじめましたか?
  またその時の御苦労なさったことなど教えてください
J:宝塚以外でお芝居がらみで男役、しかも歌手の天童さんの相手役っていうんで、どういう事になるか不安やった。
  宝塚の酒井澄夫さんの演出で振付が室町あかねさんで、
  そういう意味では内々で話し合いながらできるんで、ちょっと不安は消えたんです。
  男役は自分はやれる!!
  実は天童さんが、Youtube いっつも見てくれてはんねん、私の 昔のを〜
  ご自分も、ちっちゃい時に観てはったんですけど、Youtubeでも観てくれはって、
  もう是非是非ってね、天童さんから頼んだみたい、プロデューサーに 男役でやりたい みたいな
  ただ王子様っていうのが辛かった。背筋伸ばさなあかんからね〜
  歌手とデュエットするんやで〜 おそろしい! アレが辛かった(笑)
  ものすごくお客さま楽しんで、すごく好評やったんです。
  天童さん、いつも日本物やったので新鮮やったと思います。
  天童さん本当に可愛らしい少女なの、ちゃんと役つくって少女になってはんねん。

Q:もし大人の男役というイメージでやってみたいと思われる役はありますか?
J:あれだけはやっておきたかった、赤と黒のジュリアンソレル
  野心家、ちょっと悪い感じで それはやりたかったね。


Q:代表作といえる総司とジョニー、強いて言えば、どちらがお好きですか?
J:どっちがどうって全然違うからね
  日本物と洋物の違いっていうことで、どっちがどうともいえないね、それぞれの良さがあるから
  ジョニーは石原裕次郎さんがやってて、原作がもとになってて
  沖田総司も、昔からある歴史の、両方とも皆さんが知ってる作品の中からの役で
  どっちともいえないね。皆さんの気持ちやね、皆さんはどう、決められる?
  でもね、嬉しかったのは、裕次郎さんがすごい好きやったから、
  その人が映画で演じた役をやれるっていうことは嬉しかった。
  たとえば、美空ひばりさんが好きやったから、鼠小僧とか見てて、京都の太秦で鼠小僧やれたから
  これは、夢がかなったというか、
  ひばりさんの鼠小僧と、裕次郎さんの陽の当たる坂道 二つともやれてるねん
  そういう思い入れはあるね。


Q:健康に関して何か身体によい事をやっていますか? 例えばジム通いとか、食事も気をつけてますか?
  いつもジュンちゃんに会うと思うのですが、肌がお綺麗なので。
J:通販で死ぬほどやってるでしょ、化粧品とか装飾品とか、一切買いません
  キッチン用品ばかり買ってます。
  やずやの香酢と、ヤツメウナギの肝油はずっと飲んでます。
  まず睡眠ですね、食事の時に少しお酒を飲むのと、2年ほど前からスムージーを毎日作って飲んでます。


質問はいったんここまでとなり、次はゲームタイムです
今回のゲームは、歌詞の1部が空欄になっていて、その歌詞を当てるゲームです
童謡から、ジュンコさんの曲、天童さん、梅沢さん、ジュリーなど、幅広く出題されています。

ジュンコさんは、童謡はパーフェクトでしたが、ご自身の曲がなんと2問も不正解。
15問出題の中から、12問正解でした。
13問正解の3名が幸せなツーショットをゲットされ、
2名の方が惜しかった賞で、サインをプレゼントされました。

このあと、テーブルごとの集合写真です。
ジュンコさんは、1人1人声をかけてくださるので、皆さんの頬が上気しています。
ジュンコさんが傍におられるだけで、脈拍・血圧あがりますね!!

まだ少しお時間があるということで、質問の続きへ


Q:今パワースポットが流行していますが、ジュンコさんはその現象をどの様にう思われますか?
  神とか霊的なものはどう感じますか?
J:自分としてはそこにいかなくちゃとかは思わないけど、霊的なこととか神様のこととかは信じますし、
  高千穂には有名やから行ってみたい。

  
Q:ジュンちゃんにお会いできると思うととても嬉しいです。
  顔がデレ〜と微笑んでいます。ジュンちゃんが微笑むときはどんな時ですか?
J:皆さんが、こういてくださって、客席でわ〜っと笑いが聞こえたり、拍手をいただいたり
  そういう時だけやね 
  本番に皆さんにお会いした時だけが、本当に生きてるって感じる
  誰かのためにとか、毎日元気で生きていかなくちゃ、あれを見に行きたいとか、
  たとえばね、何かすることがあるとか、ちょっとした目的があるってことが、ものすごく大きなこと
  私は本番だけ、本番があるから。


と、ファン冥利につきるお言葉をいただいて、いよいよ歌のコーナーへ。
今回選曲されたのは、サムライ
カッコ良かった・・・
ひととき、その歌の世界にひたりきり、酔いしれました。
割れんばかりの拍手です。
最後に
『今日は本当にありがとうございました』とご挨拶されたあと、
『元気出た〜!? 元気出たか〜!? うぉ〜』と 
ジュンコさんはありったけのパワーを私たちに届けるかのように、力強く呼びかけて、去っていかれました。
ジュンコさんが帰られたあとの会場は、ジュンコさんの愛とパワーでいっぱいに満たされていました。

  Home back