大阪のお茶会  2016年4月3日 ベル・クラシック空港   レポート :Kiraraさん


大阪の桜がちょうど満開見頃の季節に、お茶会がベル・クラッシック空港のラ・アンジュの間で開催されました。
天気予報では、当日午後は雨の予報でしたが、ジュンコさんの到着を待っていたかのようにお天気になりました。
大阪の入りは昨年の新歌舞伎座以来で、会場の皆さんも今か今かとジュンコさんの到着を待っておられました。
司会者の方の「ただ今、到着されました」の声と共に会場のドアが開き、ジュンコさんの明るい笑顔とカッコよく登場されたお姿に、会場の皆さんの「キャー!!」という歓声が上がり、盛大な拍手でジュンコさんをお迎えしました。

麗人でリリースされた「♪リバーサイド・ホテル」の曲が流れる中、会場の中をゆっくりと私たちの近くを歩いていかれました。
この日のジュンコさんは、黒のパンツに黒のベスト、白いシャツ、胸元には白いコサージュといった装いでとても素敵でした。
前に着かれると「桜の満開のこの時に、大事な一日にようこそ、昨年の12月以来ですごく久しぶりですね。汀夏子です」と、ご挨拶されました。
そして、「今日は雨も降らずに良かったです。4月になったばかりで、まだまだ今年も長いですけれども皆さんお元気でね!」と皆で乾杯をしました。
「先日の起きた地震で大阪は大丈夫でしたか?」と2日前に関西で起きた地震について尋ねられ、「地震は先がわからないから怖いね。皆さん無事で良かったです」
そして、「無事と言えば、少し前全日空で空港のトラブルがあって、日航も2、3日前にトラブルがあって、私も大阪に行くので大丈夫かな〜?」と不安に思われたとの事。
「今日も来る時に小雨が降って霧があったので心配してたけど、ちゃんとたどり着いて良かった」とお話しされました。
何十年前の出来事で、青森へ講演のお仕事で出かけられる時には、高速道路の出口を間違えて、羽田から三沢空港行きの飛行機に乗り遅れてしまい、同じ青森県だからいいだろうと青森空港行きに乗ったところ三沢空港と青森空港はかなり離れているそうで、現地の方々は間に合わないと慌てていたようです。
ところが、台風の影響で「この飛行機は青森空港にはとまりません。
三沢空港に到着します」とアナウンスがあり「着きたい所に着いて、奇跡が起きた」と面白可笑しく話しされました。
会場の皆さんも大笑いして、ジュンコさんは強運の持ち主であると確信しました。

また、「ケリーズや大阪で公演がある時も当日来て、ちゃんと当日出ているのよ。
怖いよね〜気を付けないと!大阪新歌舞伎座千秋楽の帰る時の飛行機は計算して考えて予約しているけれど、コロッケさんの公演の時に終演が1時間延びても間に合って帰れた。
飛行機×私、パーフェクトで間に合っている。
今日も1時45分に着いたけど、ここには5分で着くから…」とのジュンコさんにまたまた大笑いでした。
続いて「昨年12月に皆様、新歌舞伎座へお越しいただいてありがとうございました。
宝塚を辞めて35年もたって、思いがけず天童よしみさんの相手役で、大きなステージ。
男役のお芝居で、演出が宝塚の酒井先生やったし、振付は室町あかねさんで・・・」と、背筋を伸ばして王子様をやった事、女役で踊った場面、ホワイトクリスマスの場面、舞台稽古の時に階段でこけた事、アヴェ・マリアを歌ったこと、天童さんとデュエットを歌われた事などをお話しされました。
そして、「次回はどの曲にしようかなとおもって…」と麗人の話になりジュンコさんはご自分の「声がね〜」とおしゃいましたが、私たちはジュンコさんのお声が大好きですよね。
「雰囲気が良くて気分がある曲がいいよね、ぐっと入れるような〜選曲が難しいなと思っているんです」とお話しされました。
次回の麗人の曲でジュンコさんがどんな歌を歌われるか、とても楽しみです。

続いては質問コーナーです。
Q:「最近、ジュンコさんがよく夢にでてきて下さります。ジュンコさんはどんな夢をご覧になりますか?かわった夢を見ることはありますか?」
J:「昔、劇団にいる時に、低いところで飛んでいる夢を見てたけど、今は全然見ない」ということです。
「質問の人、どういう風に出ているか書いてないの?どんな人で出てきているかわからへんわ」
Q:「私には15歳になる娘がいます。ジュンコさんがもう一度15歳の少女になったとしたら、今の時代でどんなことをしたいですか?どんな少女であるとおもいますか?」
J:「私が幸せだったのは、13歳で宝塚を観てその時にここだ!と思ったので、進路も13歳でここと思えたから幸せでした。15歳だったら、先のことを考えないかんし…迷う時だから…私中学生の時、英語が得意だったから、英語の通訳かキャビンアテンダントに憧れていたので、英語バリバリしゃべりながら、外人の人と結婚していたかもね。15歳なら、英語で身をたてようと思っていたと思います」
Q:「ジュンコさん、大阪でのライブを是非観たいです。東京には行くことができないので、是非ケリーズであれば。ジュンコさんにお会い出来るとおもうと、パワーが出て元気になります。ジュンコさんからのパワーをいただいて幸せな気持ちになれますので、ケリーズがあれば嬉しいと思います」
J:「5月23日から26日に桂由美さんのお母さん役で、桂由美さんの物語に出て、6月7日に東京でシャンソンショーがあり、姿月あさとさんと貴城けいさんとの3人でシャンソンを6曲ずつ歌います。5月に麗人の曲を吹き込みますし、7月から8月は暑いのでオリンピックに専念しようと思っています」と、スポーツの話になり、先日のフィギュア―スケート世界選手権でのフェルナンデスの演技が素晴らしくて、テレビで観戦しながら一人で興奮して拍手していた事、宇野昌麿くんが可愛くて応援している事などをお話しされました。

質問コーナーの後はゲームコーナーです。
今回もスタッフの方が楽しいゲームを用意して下さいました。
ゲームは「連想ゲーム」で「○○と言えば…」と、ジュンコさんが想像されたことを考えてテーブルに用意してある紙に書き、ジュンコさんと同じだったら1ポイントとなります。
司会者の方が、「10年くらい前も、皆で笑って面白くて、ジュンコさんが意表を突く答で大笑いでした。凡人が考えるような事でなく、ジュンコさんが考えられるような事を考えて下さい」と言われ、私たちもワクワクしながらゲームに参加しました。

第1問「4月といえば…」皆さんの答えは、さくら、入学式、新入生など・・・
 J:「花粉」 
皆「エッ〜!」と大笑い。正解者は誰もいませんでした。
第2問「今年はさる年ですが、さるの名前をつけるとしたら、どんな名前をつけますか?」
 J:怒られるわ〜と言いながらジュンコさんのこたえは「レオ」でした。
皆「ヘェ〜!!」と驚き、またまた、正解者は誰もいませんでした。
第3問「サスペンスといえば…」
 J:「火曜日」 数名の方が正解されました。
第4問「代表的な大阪弁といえば…」
 J:「あきまへん」 またまたみんなで大爆笑。
第5問「童話といえば…」
 J:「一寸法師」宝塚でやったので思いつかれたそうです。
第6問「マジックといえば…」
 J:「新子景視(あたらし けいし)」
「最近テレビで見てすごくよく当たってビックリしてる」との事。
皆さん、思いつかなかったようで正解者なしでした。
第7問「夜景といえば…」
 J:「ホテルのレストラン」
答えの多かった、六甲や神戸は最近行かれていないそうです。
第8問「クラシック音楽といえば…」
 J:「モーツアルト」 何人か正解されました。
第9問「宝物といえば…」
 J:「ファンの皆様」ジュンコさんのお気持ちがとても嬉しかったです。
以上、全部で9問の問題でしたが、ジュンコさんが答えられるたびに、会場から「エッー!へぇー!」と、笑いや驚きの声が上がりとても面白くて楽しかったです。
3問以上正解された方はなく、2問正解された7名がジャンケンをして勝ち残った2名の方がジュンコさんとのツーショット写真をゲットされました。
そして、テーブル毎でジュンコさんと集合写真を撮りました。
集合写真を撮り終えてもどられたジュンコさん、「集合写真を撮りながら、ライブはどうするねん?と言われて、9月も東京で仕事があり、10月もちょこっとあって、秋と思っているんです」とのお言葉をいただきました。
「でも、聞いて!!」とジュンコさん。
今までたくさんの曲を歌われてきて、また常に私達に喜んでもらおうと考えて曲を選ばれてきたジュンコさん、
「曲が・・・何をうたっていいのかわからへんのよ〜」とお悩みのご様子。
すると、会場から声がかかり、「皆さんが聴きたい曲をリクエスト出来ますか?」と尋ねられ、皆が聴きたい曲を会の方へFAXしてくれたらということになりました。
「今年は皆さんに望んでいただけているみたいだから、今やることに決めました」と、待望の秋のライブが決まり大きな拍手が沸き上がりました。

お話の中ではジュンコさん自身の今の想いをお聞きし、ファンのみなさんの中には涙ぐんでいるかたも多くいらっしゃいました。
ジュンコさんは「涙が出るわ〜。やっぱり、宝物はファンの皆様やね!」と言ってくださり、ジュンコさんの歌を聴きたい、ケリーズで歌ってほしいというファンの声・想いがジュンコさんに届き嬉しかったです。

最後はジュンコさんからの歌のプレゼントは「♪サムライ」でした。
歌われる時のジュンコさんの背中、指先、歌声すごくカッコよかったです。
会場の皆さんもうっとりと聴き惚れていらっしゃいました。歌の後は、会からの花束を受け取られ、「お元気で、ありがとう」と「♪春風の招待」の曲が流れる中、私たちの手拍子で、ジュンコさんは大きく手を振られて会場をあとにされました。
ジュンコさんにお会いし、皆さんと一緒に楽しい幸せな時間を過ごすことができ、とても嬉しかったです。
ジュンコさん、ありがとうございました。

  Home back