東京のお茶会  2015年5月10日 サンミケーレ  レポート:HAPPYさん

2015年5月10日、今日は待ちに待った東京のお茶会の日です。
Junkoさんにお目にかかれる時はもちろん毎回ドキドキ・ワクワクなのですが、今日はいつもと少し違うドキドキした雰囲気が会場全体に溢れています。
何故って、今日はJunkoさんが一人一人の希望の物にサインをして下さるのですもの。
「何にサインしてもらうか決めた?」「まだ迷ってる」
「何にしてもらうの?見せて、見せて」等どのテーブルも同じような会話がかわされています。
皆様それぞれに思い出の公演、出来事、大切にしている物が沢山ありすぎて、なかなか1つには決められないようです。
かく言う私もギリギリまで悩んでおりました。
各テーブルには今までのお茶会のお写真と、宝塚時代の舞台のお写真が飾られていて、そのお写真1枚から話に花が咲き、そしてさらに他の人がサインをしてもらうために持って来られたお写真を見せてもらっては話に花が咲き、という具合でJunkoさんが登場される前から、会場はハート目と笑顔と弾んだ声でいっぱいです。

 そしていよいよJunkoさんの登場です。
登場される雰囲気に会場の興奮はさらに高まり、「きゃー」という歓声と共にJunkoさんが登場されました。
Junkoさんの第一声は、なんと
「誰や!こんなん。ひどいわ!」何故って登場の曲が結婚行進曲だったからなんです。
Junkoさんは笑いながら、
「手をひいてくれる人がいいひんやん。音楽聞くと恥ずかしくなるわ。こんなんあるぅ?」とおっしゃるので大爆笑です。
そして思い出したように
「ご挨拶やねぇ」と。
今日のJunkoさんのお衣装はペパーミントグリーンの地にグリーンの薔薇の模様が全体にあるブラウスと白いパンツを合わされていて、とっても爽やかで素敵な装いです。
そして、髪は明るい色でクリクリッとして、なんだかとってもかわいい印象です。
「パーマあててないのに、クリクリッとなるねん。必死でのばして来たんやけどクリクリッとなるねん」と、おっしゃるJunkoさんはとってもチャーミングです。
そして、
『ご挨拶しますね。改めまして昨年は宝塚100周年でした。私にとっては50周年でした。皆様には大阪も東京も趣向を凝らした会を催していただいて恐縮するし、ありがたかったです。いろいろ忙しくていつもいつも緊張していた1年でした。いろんな場面で皆様に支えていただいて、100周年が私にとって幸せで、1年無事に終えられたことを、皆様のお陰と心から感謝いたしております。本当にありがとうございました。』と頭を下げられるJunkoさん。
私たちこそ昨年1年間の幸せと、Junkoさんに巡り合ってから今日までの幸せをありがとうございますと、会場にいた全員が心の中で思っていたのではないでしょうか。
それにしてもいつも思うのですが、Junkoさんはいつも宝塚の100周年を先におっしゃるんですよね。
ご自分の50周年はいつも後なんです。
私としてはJunkoさんの50周年の方が大きいのですが、Junkoさんは必ず100周年を先におっしゃるんです。
これって、Junkoさんにとって宝塚がいかに大きいかということとなんだと思いますが、常にご自分のことよりも周りのことを考えていらっしゃるJunkoさんらしいなって思います。
 乾杯の飲み物がJunkoさんに手渡されます。
「この琥珀色の飲み物はワインですか?」と聞かれるのですが、ジンジャエールとの答えに「そらそうやね。私運転して帰らなあかんやん」と茶目っ気たっぷりにおっしゃいます。
乾杯の後は花束贈呈。
ワイン色のミディの胡蝶蘭がプレゼントされました。

 そしていよいよサイン会です。
Junkoさんは
「ちょっと待って。私50年間死ぬほどサインしてきたで。皆さんいっぱい持ってるはず。まだ欲しいんですか?っていう感じで不思議でしょうがない。」とおっしゃるのですが、まだ欲しいんですか?って聞かれたときに、会場中のみんなが大きな声で「はぁーい」と答えました。
テーブルごとに前へ出て順番に並んで待っている間も、心臓は口から飛び出しそうなほどバクバクしています。
Junkoさんは一人一人にお声をかけてくださりながら、サインをしてくださいます。
時々そのお写真を会場に見せながら、Junkoさんも昔を懐かしんでいらっしゃるご様子でした。
テーブルに戻ってからはお互いにサインをしてもらったものを見せ合いながら、「かわいい!」「きれい!」「素敵!」といろんな声があがっていました。
Junkoさんがサインをしてらっしゃるところを私たちが拝見できる機会もないので、サインをしていらっしゃるJunkoさんを見つめているのも幸せで、会場にはJunkoさんの歌が流れ、極上の時間が流れていきます。

 そして次は『ツーショット争奪ゲーム』の時間です。
ゲームの内容は“黒ヒゲ危機一髪ゲーム”です。
普通は黒ヒゲが飛び出すと罰ゲームなんですが、今日は大当たりでJunkoさんとのツーショット写真を撮っていただけるとあって、みんなドキドキしながらも真剣な眼差しです。
みんながツーショット写真のことしか考えていなかった時に突然、剣を刺す前にJunkoさんのここが好きというところを伝えるというミッションが与えられました。
突然のミッションに番号の若い人は少し慌てています。
だってJunkoさんの好きなところなんてたくさんありすぎて、一つに絞るのは至難の業!!
あれもこれも、あそこもここもとみんなの頭をたくさんのJunkoさんの魅力が駆け巡ります。
今日はサインをしていただくものを一つに絞り、好きなところを一つJunkoさんにお伝えするという、とっても幸せな難問の一日でした。
優しいところ、会話の軽妙なところ、マイクを通した声、いつまでもかっこいいところ、背中、笑顔、流し目、手、日本物の襟足の色っぽさ、変わることのないピュアさetc etc・・・。
一つ一つにJunkoさんは、
「優しいって言われるけどそんなに親切にしたかなぁー」
「ずっと後ろ向いておこう」「普段はしゃべらんとこう」
なんて風に軽妙なコメントを返されるのですが、その時のちょっと照れたようなJunkoさんがまたとっても魅力的です。
私たちはその一つ一つに「うんうん」「そうそう」と頷きながら、自分は何を言おうと考えていました。
そして、順番に剣を刺してJunkoさんとのツーショットを祈ります。
チャンスは2回。力を込めて刺す人や悩みに悩んで刺す人など人様々です。
不思議なことに海賊の剣を刺す時に、Junkoさんが
「こっちにもあるよ」と声をかけられた人は必ず黒ヒゲが飛び出すんです。
まるでJunkoさんには見えているかのようです。
6名の幸運な方がJunkoさんとのツーショットをゲットされました。
ツーショット写真撮影の後に更なるサプライズが起こるんです。
プレゼントをかけて、Junkoさんも“黒ヒゲ危機一髪ゲーム”に挑戦されることになったのです。
ツーショット争奪戦でツーショットをゲットした人は、皆さん何人か刺した後に順番が回ってきた人だったのです。
つまり誰も最初に当てた人はいなかったんです。
Junkoさんがプレゼントをゲットするためには、一人で黒ヒゲを飛び出させないといけません。
チャンスが5回あるとはいえ、かなり難しいことに変わりはありません。
「そんなん無理やん。15本くらいないと無理やわ。頼んだでぇ〜おにいさん・・・」と言って黒ヒゲの頭をポンポンと軽くたたかれるJunkoさん。
そして最初の剣を刺されると・・・。
なんとなんと『ポン!!』と大きな音と共に黒ヒゲが勢いよく飛び出したのです。
会場は拍手と大歓声に包まれました。
たかがゲーム、されどゲームです。
Junkoさんのオーラに黒ヒゲも観念したのでしょうか?
それとも頭をポンポンとされ、黒ヒゲのハートも舞い上がってしまい、まさに体は空中に舞い上がったのでしょうか?
Junkoさんも
「なかなかあたらへんのに嬉しいですぅ。嬉しいなぁ〜」と嬉しそうです。
あまりに大きな拍手にもビックリされ
「こんな拍手受けたことないわ」と笑顔満開でした。

 ゲームの後はJunkoさんへの質問コーナーです。
『若さの秘訣は?』という質問に対しては、
「みなさんがいてくださるからでしょう。観てくださる方がいると思うとちゃんとしてないと。こうしてお会いできると思うと皆さんの前ではきちんとせなあかんとか肉も削らなあかんとか、そういう刺激やプレッシャーがなんとか保ってくれるんやろね」とのことでした。
私たちの存在がJunkoさんの素敵さを保つことにお役に立っているのならこれほど光栄なことはないですよね。と同時に、私たちに会うことを大切にしてくださっているJunkoさんのお気持ちが伝わって、とても幸せでした。
 『帽子をよくかぶりこなしていらっしゃいますが、お気に入りはありますか?普段はどんな帽子を好まれますか?』という質問に対しては、
「舞台で帽子の場面ってありましたっけ?」とすっかり忘れていらっしゃるようです。
会場から『炎の妖精』『回転木馬のビリー』などの声があがり、いろいろな舞台を思い出していらっしゃるようでした。
普段帽子をかぶっていらっしゃるのは、
「髪の毛の色が黄色で派手なので、帽子で隠そうと思ってる」とのことです。
Junkoさん曰く、ご自分の性格は
「恥ずかしがり屋で派手じゃない。おっとりお宅」なのだそうです。
帽子の色だけはお洋服に合わせていらっしゃるとのことでした。
 『お料理のレシピを教えてください』という質問に対しては、朝食のメニューを教えてくださいました。
現役時代はパン1個かトースト1枚だけだったそうですが、今は野菜を食べないとあかんと思ってサラダと紅茶を召し上がっているそうです。
サラダにはベビーリーフなどの葉物とプチトマト、それにカロリーカットのマヨネーズと黒酢をかけていらっしゃるそうです。
以前はシーザードレッシングがお好きだったそうですが・・・。
トーストには焼いた後少しくぼみをつけそこにオリーブオイルをたらし(以前は紅花のマーガリンだったそうですが、マーガリンが油だと知ってオリーブオイルに変更されたそうです)、サニーレタスなどの葉物を椎茸入りのスクランブルエッグをのせて(椎茸は常に冷凍してあるそうですよ)召し上がるそうです。
スクランブルエッグの代わりに塩抜きしたベーコンやウィンナーを召し上がることもあるそうです。
赤・黄・緑と彩に気をかけていらっしゃるそうです。
皆様も作ってみられてはいかかですか?Junkoさんと同じ朝食をいただけますよ。
他には麺類やじゃがいもがお好きなのだそうですが、炭水化物なので控えていらっしゃるそうです。
お好きなものでも油や炭水化物だからと控えられるのは、Junkoさんが若さや美しさを追求して、常に努力してらっしゃることの現れですね。
私も見習わなければと思いました。

 『お部屋から外を眺め何を思われますか?』という質問に対しては、
「今は24階に住んでいますが、最初はレインボーブリッジも見えていたのに、10年の間に高層ビルがどんどん建って半分しか見えなくなった。また建つわと見ている時には壊してしまいたかった」とおっしゃって、
♪目の前が暗くなるサントワマミー♪と、口ずさまれるので会場は大笑いです。
ベランダにはあまり出られることはないそうです。
 『通販利用しますか?これは失敗したなぁ〜という商品は?』という質問に対しては、夜中に眠れない時にテレビショッピングを見て購入してしまうので、頭がきちんと働いてなくて失敗も多いそうですが、何が失敗だったか覚えていらっしゃらないそうです。
キッチン用品やコードレスの掃除機などを購入されたそうです。
「油は要らない言われてフライパンを買ったけどいるのよ。やっぱり油が。」と絶妙の話術でおっしゃるので大爆笑です。
「コードレスの掃除機は購入したけど、鳥が寝ていると掃除機をかけられない」とのことです。
 『ライブの曲の選曲はどうしていらっしゃるのですか?』という質問に対しては、
「今まで歌いすぎて、これはと思う歌がないの。何かご希望はありますか?」と反対に質問されます。
大阪のライブの会場が狭いので、大きな歌を歌うと向こうの壁に突き当たって帰ってくるような感じがするそうです。
今年のライブではどんな歌を聴かせてくださるのか楽しみですね。
Junkoさんも
「ライブへ来てください。皆さんが“わぁ〜”と迎えてくださる雰囲気が温かくて、ありがたくて幸せです。甘えられるので好き放題しゃべってますが、皆さんが笑ってくださると幸せです。」とおっしゃって下さいました。
 『中学生の時に買ったレコードを擦り切れるほど聞いています』というお話に対しては
「本来ソプラノの高い声なので、自分の声が嫌で仕方がないのよ。人の声がうらやましい。」とおっしゃるのですが、私たちにはJunkoさんの歌声以上に素敵な声はありませんよね。

集合写真撮影の後は、会報用の写真撮影を会場の一角にある
バーカウンターでされました。
そのポーズがまたかっこいいんです。
会場からはあちこちで「きゃぁ〜」と悲鳴があがっていました。

最後は歌のプレゼントです。
プレスリーの 
好きにならずにいられない と 
I Want You I Need You I Love You  を歌って下さいました。

甘く、切なく、しっとりとそして力強く、優しく、少々ワイルドに私たちのハートをわしづかみです。
私の拙い文章力では表現しきれませんが、Junkoさんの絶妙トークにおなかがよじれるほど笑い、Junkoさんの優しさと温かさに涙し、Junkoさんの素敵さに心がとろけた1時間半でした。
目の前でサインをしていただき、握手してもらい、お話もしてくださって、本当にこの上ない幸せなひと時でした。
本当にありがとうございました。

  Home back