大阪のお茶会  2015年5月2日 ベル・クラシック空港   レポート :てんてまりさん


風薫る五月の訪れと共に、一月の新春シャンソンシー以来、待ちに待ちました「大阪お茶会」の日がついにやって来ました!
当日は初夏を思わせる程の晴天が私たちを迎えてくれました。
会場の「ラ・アンジュ」は落ち着いた中にも華やかな会場で、今回も沢山の方に来て頂き、会場内は超盛り上がりです。
久し振りにお会い出来るワクワク感と、かなりな緊張のドキドキ感が入り交じり、はりつめた空気の中、“五月のバラ”の前奏が流れてドアが開くと、そこには笑顔のJunchanの登場です!
Junchanは、スリムパンツに、白と紺のストライプのジャケット姿で、とても爽やかでオシャレで素敵でした!
会場中、ワ−!!という歓声と溢れんばかりの笑顔と拍手でJunchanをお迎えしました。

J“今日はお忙しい中ありがとうございます。昨年は宝塚100周年!汀の50周年!で皆様がいて下さって支えて頂いて、いろんな所に出させて頂いて、幸せな一年を過ごすことが出来ましてありがとうございました!”と皆様にお礼を述べられご挨拶のお言葉でした。
司会の方の“どれだけ待ってましたか〜〜!”に再び大拍手でお迎えしました。
そして、一同、起立して、Junchanはピンクのカクテルで皆と乾杯―!
J“又、皆様の笑顔に会えて嬉しいです!”と言って下さいました。

そして、「サイン&握手会」がスタートしました。
J“50年もの間、皆さんサイン持ってるやろ〜?”とおっしゃいましたが、目の前でして頂けるなんて、まるで夢のようで嬉しさいっぱいです!!
こんな貴重な事はありませんヨネ。
テーブルごとに一人一人ステージに上がって行って書いて頂くのですが、待ってる間はもうドキドキで手に汗かいて皆さんとても緊張されてました。
Junchanに言葉を交わして頂いてサインして頂き、優しく微笑んで握手もして頂け至福の時でした。
色紙、ブロマイド、ステージ写真、大きなパネル、LPジャケット、DVD、脚本、アルバム表紙、メガネカース、スマホカバー、回転木馬、・・・ets.皆さん思い入れのある物にサインして頂いて「念願の夢が叶った!」と大感激でした。
待ってる間には宝塚時代の舞台の歌声が流れ、Junchanがサインされてる表情を見ながら楽しめました。
J“こんなにも喜んで頂けるとは思わなかったです!”と笑顔で終えられました。
ありがとうございました!

次は質問コーナーです。
@ 今、自分の中で“沖田ハン”ブームです!「星影の人」のお稽古中に柴田先生からジュンコさんにおっしゃった言葉で一番印象に残っている言葉はどんな言葉ですか?
J“覚えてるかいな〜”に大爆笑。
“ベルばらやってる時に、次は「沖田総司やで!」と聞いた時の嬉しさ!!ホント幸せやった!”と嬉しそうにおっしゃられました。

当時の「歌劇」の座談会の記事を抜粋してみました〜

柴田先生“沖田総司をやるに当たって外からも内からも色んな要望があるけど、それをあまり重く感じていたらいけない。
それに対して今の自分を考えるとどんな感じ?”の問いに汀“本当に自然にスーッと入っていけたんです。
あまり理論とか難しいことは考えずに緑の爽やかな風がすっと吹き抜けていくみたいな人をストレートに一人の人間が生きて、ああ、こういう人やったろうかと感じとれるように・・・
”柴田先生“もともと汀夏子の沖田総司ということで始めたからジュンコのイメージが書いている間もしょっちゅうあって、ジュンコがやるとこうなるだろうな!という中で書いた”と記されてました。

A 週刊新潮の記事で膝を痛められているのを知りました。
これまで数多くの舞台をこなされ膝を酷使されて来られて悲鳴をあげてるのでしょう〜。
でも、そんな様子を全く出されないで昨年の「二人のメモリー」やDSのダンスはとても素晴らしかったです!
改めて順チャンのプロ・スターを感じました。今、膝の状態は如何ですか?

J“昨年は、天童さんの公演が新歌舞伎座と明治座で計55回あって、ホテルアイボリーDSや東京會舘・大阪ウエスティンのX`masDSと続き、今年初めに新春シャンソンショーがあり、終わった!って思ったらめちゃくちゃ具合が悪くなっちゃって〜。週刊新潮は3回目なんですよ。新潮から”何かないですか?“と言ってくるんですよ。
1回目は石松やる時で、何か情報ありませんか?に1ツも返事なかってん〜。
2回目は西川先生の踊りの会で先生と一緒に踊る「玉屋」の資料ありませんか?にファンの方がビデオを送って下さってそれ1ツだけでした〜。
3回目の今回は、100周年も終わって50周年も終わって去年やったら何かあったけど、もう何にもない、今は膝が痛いだけや〜と言うとそれ書きましょう!そうお〜!?”と話が決まったそうです(笑)
今回は25件以上返答があったそうで、男の人が多かったそうです。
“いろいろアドバイス頂いたりして薬飲んで、皆さんにも薬送って下さったり、いろいろして下さって本当にありがたいです。
だから、だんだん良くなると思います”とおっしゃられました。
本当に早く良くなりますようお祈り致します。

B 久しぶりにジュンちゃんにお会い出来ることに感動してます。ジュンちゃんが最近感動したことはありますか?
J“TVよく見てて、2〜3年前に、メジャーリーグのニューヨークヤンキーズで黒田投手が投げてる姿を見て、ええワー!この人!黒田はええ!とその時すごい思ってん。
広島時代は全然知らんかったんよ〜でも、この人は男らしい人や!男の中の男や!と思って観ていたら、帰って来はるって聞いて、これは私が見つけた人やー!”(笑)
勝って欲しいと観てるけど、困るのは、広島対阪神戦〜黒田さんが出てる時は黒田さんに勝って欲しいと思うし、黒田さん以外の時は阪神が勝って欲しい!と応援されてるそうです。
“いいと思った人が話題で、私の見つけた人!って感じで見守ってます。錦織さんも素晴らしいと思う!すごいなー!と思う。スポーツで上に行く人は違うヨネ!”

C 50年間に演じられた作品の中で、特に印象に残っている作品は何ですか?
J“オスカルはやれて幸せ!と思ってるけど、やはり私だけの役の「沖田総司」と「丘の上のジョニー」かな!?
両方とも上に近藤さん・土方さんがいて、お兄さんがいて楽に安心してやれました。
「春風の招待」はジョルジュとギスターブの二役で違うタイプがやれて、コメデーは楽しかったです”

D ケリーズ・ライブとても楽しみにしています!
歌われる曲を想像しているのですが、「ハナミズキ」「テネシーワルツ」を歌って頂けるとすごく嬉しいです。
J“「ハナミズキ」は一青窈さんやからいい!この人やからこの歌がいい!ってのがあるんです。
”女性のキーは高くて、低いところになると感じが変わってしまうので、男性は同じようなキーやし、男役やってたから男性の歌しか歌われないそうです。

E 私は映画を見るのが大好きですが、ジュンコさんが今まで見てきた中で心に残っている作品があれば教えて頂けますか?
J“最近は見てないわ〜戦争とか血とか怖いものとか苦しくなっちゃう〜よう見なくなったね。
映画やのに感じてしまい、よっぽどゆったりと和やかなものしか見れないね”と、ニュースでも怖い場面になるとチャンネルを替えてしまうそうです。
“絵を観たり〜良いものを受けるのが一番いいんじゃないかな〜!私を観てもいいしー!!”に大拍手!!
どれ程、トキメキを頂いて感動し、エネルギーを頂けて、笑顔になれるか・・・沢山のものを感じて癒されてますよね!!

それから、各テーブルごとに記念撮影です。
今回は、ひとりひとりがJunchanと触れ合えるようにと、サイン&握手会が企画されましたので、これに時間がかかる為にゲームはありませんでしたが、「Junchanとジャンケン大会」がありました。
2テーブルごとに立ちJunchanとジャンケン対決です。
“最初はグー!”で始まり〜“ジャンケンポン!”“アイコは負けヨ!”で計4名の方が勝ち残られ、ツーショット写真撮影です。
おめでとうございました!

Junchanは今、“ラッスンゴレライ”がお気に入りで、田中シングルはめちゃくちゃカッコイイ!あの子でもってるねん!と真似しはって、“シングルにシンどれてるねん〜”と、ギャグを!
そして、“あったかいんだから〜はもうあかんね〜もう、暑苦しいんだから〜。や!冷たいんだから〜と言って欲しいワ!”と、裏声で笑わせて下さいました。
大阪は吉本があって、お笑いがあって日々、楽しんでるね!と皆を気遣って下さってました。

次に、Junchanからの歌のプレゼントです。
会場内を暗くして、ステージ上の Junchanに照明を残し、プレスリーの「好きにならずにいられない」を英語でしっとり歌い上げられました。
皆、うっとりと聞き入り感激しました。
2曲続けて「I want you I need you I love you」楽しく心が弾け、素敵な歌声に嬉しく大拍手でした。

そして、昨年DSの“ピンキースプーンダンス”のカッコイイ素敵な写真をお土産に頂きました。

J“皆さんの笑顔にお会いして、ホント変わらないですヨネ!私も51年目に入って頑張ってます!益々、皆様もお元気で、今日お会い出来て安心しましたので、毎日、楽しく明るくお過ごしくださいネ!今日はありがとうございました!”とお言葉を頂きました。
お礼にJunchanへ色とりどりの薔薇の花束が贈呈されました。
花束をかかえながら“ソルエマル”の曲が流れる中、テーブル間を回って、“ありがとう!嬉しかったよ!”と笑顔を残して退場されました。

楽しいひと時を本当にありがとうございました!とっても幸せでした!!

  Home back