50周年お祝い会☆東京☆ 2014年4月19日(土)会場:アジュール竹芝  レポート: Ypshiron さん
Junkoさんの50周年のお祝い会を祝福するような晴天に恵まれたその日、とてもおしゃれな初めての会場へ到着したものの、どんな会になるのかしら?とワクワクするとともに、皆で歌うを失敗しないで上手にできるかしら?とすごくドキドキしながら参加させていただきました。

 皆がボンボンを 
「わっが〜、タカラヅ〜カ」の曲に併せて振りながら、Junkoさんをお出迎えです。
Junkoさんはちょっと気恥ずかしそうに
「皆いくつや!」とおっしゃりながらも、最後は曲に合わせてちょっと歌ってくださったのがとっても嬉しかったです。
司会の合図とともに、皆で「ジュンちゃん、50周年おめでとうございます!」と声を合わせると、Junkoさんがその後を引き取って、
「カンパ〜イ!」と声をあげてくださりました。
参加者はJunkoさんを前にしてみんなちょっと興奮気味なところに、Junkoさんが色々なチャチャを入れられるので、会場は笑いにあふれ、とてもわきあいあいとして雰囲気です。
さらにスタッフさんの手作りのクス玉を割られ、Junkoさんが
「写真は?」とおっしゃられて、私たちはJunkoさんの一言一言に大うけしながらも、つかの間の写真撮影を見学です。

このときに大きな、ウェディングケーキならぬ50周年お祝いケーキが運ばれてきたのですが、Junkoさんは一言、「結婚もしないのにケーキだけ…」とおっしゃられ、またまた大うけです。
このケーキには、Junkoさんが黒燕尾でダンスをする姿をかたどったチョコレートの飾りが載っていたのですが、あまりにもソックリであれは絶対に誰も食べれないだろうな、というほど、Junkoさんをチョコにしてもカッコ良かったです。

 ファンからの花束贈呈の後はファン代表からのお祝いの言葉です。
彼女のJunkoさんへの想いは、聴いている私たち1人1人のJunkoさんへの想いとも重なり、皆さんの目も、そしてJunkoさんも目も少しウルウルしていました。
この後にファンからの替え歌プレゼントです。

♪「幸せを売る男」の曲に合わせて、私たちのJunkoさんへの想いを歌います。
この時に一番感動したのが、最後になんとJunkoさんが私たちの歌声に合わせて、美しい高い声でハミングしてくださったんです!
Junkoさんにハミングしていただくなんて、そんな大それたことは夢にも思わないかったので驚きと感動とどちらが大きかったかわかりません。
こんな幸せなことが現実に起こるなんて、今でも信じられません。
 式典(?)はここまでで、次はJunkoさんのお話タイムになったのですが、その冒頭で少し感極まったご様子でした。
そして
「今日ここに元気に皆さんの前に立てることがありがたいし、皆さんがいてくださるので私も頑張れる」っておっしゃってくださいました。
私はJunkoさんからいつもいつも元気を沢山いただいているだけで、Junkoさんに何もお返しできない、と思っていましたので、このお言葉がすごく有り難く、ファン冥利に尽きました。
そして4月6日の宝塚100周年の記念イヴェントのチケットがとりにくくて会でチケットを手配できなかったことについて、
「50周年初舞台だから特別にチケット足してくれません?って頼んだんだけどそれはダメといわれてガクッときました」と、Junkoさんならではのお言葉です。
 続いて式典や6日のステージの色々なエピソードを面白おかしくお話ししてくださったのですが、中でも「ベルばら」トークの後に♪「愛あればこそ」を歌うことになっていたのに、司会の真矢みきさんに「それでは」と言われ、Junkoさん以外は引き返そうとしたために端っこにいたJunkoさんが
「歌! 愛あればこそ!」と叫ぶと、皆さんが「あ、そうか」とうことになったハプニングには大爆笑でした。

Junkoさんは♪「丘の上のジョニー」の後に、お衣装を「愛…」のために着替えられたので、覚えてらしたそうです。
続く2回目のステージでも、「風とも」のトークの前にJunkoさんの♪「生きるときめき」に続いて、ショーちゃんが♪「さよならは夕映えの中で」が歌われ、その歌の後にショーちゃんはそのまま残り、他の皆さんがステージに出てきてトークになるはずだったのに、「
ショーちゃんはものすごく歌がうまいこといって気分よかったみたいで、サーっと入らはった」のに真矢さんも他の方もショーちゃんを呼び戻さず、「いや〜ぁ、来(け)えへんわ」と1人心配されていたJunkoさんがショーちゃんを呼び戻されたという話も大うけでした。
 それから宝塚時代の思い出の役の話もでました。
「パレアナの微笑み」のジミーや「たけくらべ」の信如など10代の少年の役が多かったそうですが、Junkoさんは、それは子役が似合う人がなかなかいなからとおっしゃっていました。
本当に、少年の純真さ、一生懸命さといった、大人からみるとあの時期特有のキラキラと輝くものを演技で自然に表現できる方はJunkoさんをおいて他にはいない!というのは私たちファン皆が思っていることではないでしょうか。
それから「ノバ・ボサ・ノバ」の神父役が難しかったそうです。
鴨川先生は神父だけどエロティックな、怪しげな雰囲気を求めていたので、それを「シスター・マーマ」の一言で表すことが大変だったそうです。
そして再演のときの役はオーロになったそうですが、オーロが一番好きな役だそうです。
私はJunkoさんの「ノバ・ボサ」を拝見できなかったので、ぜひみてみたかったです。
また「マンハッタンラグ」で初めて拍手がとまらなくてカーテンコールが起きたという話も教えてくださりました。
退団されてからの作品の話も「楼蘭」「マリウス」「さよならアラン」「回転木馬」など、懐かしい想いでの作品が次々と出てきました。

 そして記念撮影の後にはJunkoさんの歌です。
今回は2曲歌ってくださいました。
「夢人」です。やっぱりJunkoさんの「夢人」は最高ですね。
2曲目は
「太陽は燃えている」でした。
「君のすべてに命かけて」の部分の“君”など色々な歌詞のところを“Junkoさん”に置き換えると、私たちファンがJunkoさんを応援する気持ちを代弁してくれるような気持ちになります。
 最後は100周年のイベント「セレブレーション」のお話です。
「ジョニー」
「別れのフラメンコ」を歌ってくださり、さらにトークもあるということですので、とても楽しみです。
そしてそろそろお別れの時間になりましたが、なんとスペシャルなことに、急遽アカペラで
「別れのフラメンコ」を歌ってくださったのです。
伴奏があるときよりも寂しさが余計にしみじみと伝わってきて、すごく素晴らしかったです。
最後はゾクゾクと鳥肌がたつほど感動しました。
 Junkoさん、50周年おめでとうございます!

  Home back