50周年お祝会☆大阪☆ 2014年6月21日(土)ベル・クラシック空港  レポート:茶々さん

ジュンコさんの初舞台から50周年のお祝いの会が大阪でも催されました。

場所は例年お茶会が催されるベルクラシック空港。
エレベーターを降りるとそこにはいつもとは違う光景が広がっていました。
まず、受付でいただいた小さなカードには、オスカル様のお写真に「ベルサイユのばら」、そして自分の名前が印刷してあります。
受付テーブルの横には、沖田はんと玉勇さんのパネル写真が置かれ、さらに舞台写真のアルバムが置かれていて、待っている間に自由に見ることができるようになっています。
さらに進むと、ジュンコさんが黒燕尾でポーズされているお写真に「50th Anniversary」の文字のウェルカムボード!
その横には、可愛いくす球が割れて、
「好っきゃねん!ジュンちゃん!おめでとう」と書かれた垂れ幕が!流石、大阪です(*^^)

会場入り口扉の両脇には、宝塚時代、退団後の数々の舞台のお写真が貼られていて、それを懐かしそうにご覧になっていかれる皆さん。
会場に入ると、また、そこは素敵なジュンコさん愛に溢れる空間になっていました。
各テーブルには、「ベルサイユのばら」「星影の人」「丘の上のジョニー」「カンテ・グランデ」等々、ジュンコさんの思い出の作品名がついていて、その作品のお写真がテーブル真ん中にお花とともに飾られています。
先ほど受付でいただいたカードと同じオスカルさまのテーブルをみつけて着席です(*^^)v。各テーブルのお写真を取り囲むようにジュンコさんをラベルにした赤ワインが円陣を組んで置かれていて、ワインにはジュンコさんのお写真の可愛いストラップがついています。
そして先程ウェルカムボードの素敵なお写真と同じお写真入りのクリアファイルまでこの日のお祝い会の記念品としてご用意くださっているのに感激です。
前をみると飾り棚のようになった壁面にも、ジュンコさんのお写真が飾られ素敵にライティングされています。
会場の両サイドには、マンハッタン・ラグやジョニー等の公演ポスターをパネルにしたものが飾られ、後方はステージになっており、
「JUNCHAN 50周年 おめでとう!」 の文字が映し出されています。

会場には、いつもお茶会でお顔を拝見する方は勿論、お久しぶりの方、初めての方、沢山のファンの皆さま。なかなかジュンコさんに会いにこられないけれど、この日ばかりは会場に集ってお祝いしたい、と駆けつけてこられた方も多かったのではないでしょうか。
司会の方が、「皆さん、後方を注目してください、スタートです」とおっしゃると、弾んだ音楽とともに、会場の天井から壁面に次々と大きく映し出されるジュンコさんのムービング画像!
初舞台のラインダンス! 「カンテ・グランデ」のマノロ! オスカルさま! 「去りゆきし君がために」のジュリオ! 「回転木馬」のビリー! 「時空」のプロローグ! そして、新歌舞伎座マイウェイの若衆!
会場は手拍子しながら、お写真が変わる度に、アチコチから、「わー」、「キャ〜」の声があがります。
壁面を一周したところでお写真が消え、音楽が変わります。
ジュンコさんご登場を今か今かとドキドキしながら待っていると、静かなイントロ。
私、ジュンコ の歌が流れて、なんと、後方ステージ、上の方から、お月さまならぬゴンドラに乗られたジュンコさんが!!
会場全体が大歓声と拍手に包まれました。
「こんなんに乗せられてしまった」と仰りながらゴンドラで降りて来られ、各テーブルからの歓声をうけながら、おひとりおひとりのお顔を確かめるようにゆっくりと前方席まで進まれました。
「(ゴンドラに)ひとりっきりやったけど、皆さん待っててくださるんだと思うとワクワクドキドキでした♪」と笑顔で仰るジュンコさんに私たちの方がワクワクドキドキ です。
司会の方が、「芸能生活50周年、数え切れない魅力いっぱいの舞台の数々、素晴しい夢を私たちに与え続けてくださって、また今年は宝塚100周年、宝塚歌劇の発展に大きな貢献をされ宝塚歌劇の殿堂入りをはたされました。本当におめでとうございます」
とおっしゃると、ジュンコさんは、
『ホントに女の人だらけで、改めて宝塚の凄さを実感いたしました。宝塚も100周年、区切りのいい時50年前に初舞台を踏ませていただいて…。
まだまだ皆さまが若くて、その時観て下さった皆さまもお変わりなく美しく若くて、ほんとにそれが何より、皆さんがこちらに向かってくださるその笑顔が最高です。』
と仰ってくださいました。
そしてジュンコさんの
『乾杯!』の発声を聞いて、
司会の方が
「50周年、」と音頭をとられたのに続いて、全員で声を揃えての「おめでとうございます!!」が会場に響きました。
ジュンコさんが
「ありがとうございまーす」と応えてくださって、綺麗なピンク色のカクテルで乾杯、笑顔が広がりました。

その後、ファンのセレモニーということで、
ジュンコさんに捧げる歌
「青春をありがとう!」という歌を全員で合唱します。
この歌はジュンコさん退団時にファンの方が作られた歌で、ジュンコさんにはこの日初めてのお披露目だったそうです。
早めに会場集合でみんなで練習したのですが、ジュンコさんへのファンの想いを歌った歌詞は歌いながらグッときてしまい、カラオケの音楽が流れ、会場後方ステージにこの歌詞とともに、ジュンコさんの歴史をたどるお写真が次々に映し出されていくと、涙を拭われる方多数。
あの舞台、このステージ、そして、楽屋出、お稽古待ち、地方公演・・・、ファンの皆さまの脳裏にやきついた光景、心に大切にしまってあったあの時のジュンコさん。
お車から手を振ってくださっているお写真だけでも何枚あったでしょう、ジュンコさんを追っかけた青春の日々が鮮やかに甦っていたのではないでしょうか。どのお写真も笑顔が綺麗すぎて(涙)
いざ、本番。なんと、みんなの合唱に、ジュンコさんが即興でコーラスをしてくださったのです。
ファンみんなの歌声に、ジュンコさんのお声が重なり、それぞれのジュンコさんへの思いがひとつに重なり合った、なんて幸せな時間・・・
歌のラスト、♪素晴しい青春を ありがとう ありがとう〜 と歌ったところに
ジュンコさんが
 みなさん  ありがとう〜  と歌ってくださいました。
そして、司会の方の「JUNちゃん」に続いて、全員で『おめでとうございます!』と同時に、それぞれ手に用意していたクラッカーを鳴らして華やかに賑やかにお祝いしました。 
ジュンコさんは映し出されたお写真の数々に、
「懐かしいというか・・・、いろんな時があったんだなーと思ってね、感無量になりました。」と仰っていました。
次には、お祝いのデコレーションケーキが登場。宝塚100周年ということもあり、大階段をイメージしたケーキに「50」のプレート、黒燕尾のジュンコさんが飾られていて、会場から思わず歓声があがります。
ケーキにたてられた5本の蝋燭の火を吹き消されました。
「5本でよかった〜」と仰るジュンコさんが可愛いくて(*^^)v

その後、順番にひとりひとりにお声をかけてくださりながら握手していただき、2テーブル毎に記念撮影。

次は、ファンを代表しておふたりの方がジュンコさんにお祝いの言葉を述べられました。
お祝いのお手紙を読まれる前に、ジュンコさんが、皆さんにみえるように皆さんの方を向いてと仰ってから、
「あ、私にか」とご自分へのメッセージだと気付かれたので会場が笑いに包まれました。
どんな時もファンの方を向いてくださっているジュンコさんらしい一コマでした。
お二方の、ジュンコさんへの想いに溢れ、ジュンコさんとの出会いへの感謝の気持ちに溢れた感動のメッセージは、私たちみんなの想いを届けてくださっているようで、多くの皆さまが涙しておられ、ジュンコさんは包み込むような優しい表情で聞いておられ、感謝のお言葉を述べられました。
メッセージの中には「ジュンコさんのホームページがなければ私は今ここにいなかった」という言葉もあり、ジュンコさんはホ−ムページの管理人さまを
「心をつないでくれている」とご紹介くださり感謝のお気持ちを述べられました。

続いてジュンコさんへの質問コーナー
質問1.JUNちゃんにとって男役とは。

まず、ひばりさんと裕次郎さんを見たときに、かっこいいなっていうことを感じた。
中1の時に宝塚を拝見して、「男役」という世界があるということを知った。

『でも、「男役」というものになんでそんなに惹かれて行くのかが自分でも不思議なんですよね。』とジュンコさんは仰います。
音楽学校時代、ご自身の身長やあまりにも優しい風貌から、みんなに男役は無理だと言われたけれども、どうしても男役をしたかった。男役ができないなら宝塚に入ってくる意味がなかったというくらい既に男役に執着してしまっていたと・・・ご自身の歴史を振り返りながら語ってくださいました。

『こうして50年を迎えて、男役がどうしても自分の中で捨てきれない。
やめてもやめても捨てきれない、気持ちが、男役に対して。これはいったい何なんでしょうか、と皆さんに聞きたいくらい(笑) と言う風にただひたすら執着してるのよ。それは何なんだろう。やっぱりそれは、かっこよさに、そういう不思議な魅力に惹かれ続けているわけ。この男役の色気とか、男役のしぐさとか、そのかっこよさというものがどうしても自分の中からふり切れない。ただの女にはなれない(笑)』

色々な役を演じられて、勿論女性の役も、その時その時精一杯力を尽くしておられるけれど、やはり男役をされている時にしか感じられない幸福感があると仰います。
『ほんとに、男役してる時の自分の幸せ感!!
だからね、男役と、自分の心の執着と、かっこいいことしたいっていうのが、もうなんかひとつになって自分の中でいつもいつもはなれられないのよ。』

と男役への熱い想いを語られます。

『それで、「男役とは」やん!
私はもうそれを、一生離れられない自分の「分身」みたいなそんな気持ちです。』


ジュンコさんらしいお言葉に会場から大きな拍手が起こりました。
会場に集われた皆さん同じ気持ちでお話を聞かれたのではないでしょうか。
男役を誰より愛し、拘り続けておられるジュンコさんが大好き!!と。

質問2 50年の歴史の中でもう一度演じてみたい役はありますか?

50年の中で、宝塚で本当に沢山の宝をもらった。宝塚に入れたこと、ステージに立てたこと、そしてその時は夢中でやっていたが、様々な役を演じることで色々なことを学び沢山のことを勉強させていただいた。数々の一流の先生方のレッスンを受けることもできた。宝塚ってどれほどありがたいところか・・・とまず宝塚への思いを語られました。
今まで演じてこられた数々のお役に思いを馳せられながら・・・
『どんな役なんやろね、皆さんが観たい役をやりたいですけどねー、
まぁ、ジョニーなんかは気楽でいい、やっぱり楽な役が。楽と言うのは自分の身の丈と言う意味。背景。国を背負ってっていうのは凄い苦しいわけ、責任が大きいから。』

と仰るジュンコさん。
ベルばらもフランスの革命でフランスを背負ってるから、ものすごくキツイ。
『沖田総司とかジョニーとかは、ほんとそこら辺の家庭よ、一般家庭の物語やから。
総司もなんで楽かって言うと近藤さんも土方さんもいるわけよ。ずっと下なわけ、甘えられるわけ。「ひじかたさーん」とか言ってたらいいからね、すごい気が楽なわけ。』

ジュンコさんのお話は、本当に真実その「役を生きて」こられたんだと実感させられます。
だからこそ、いつまでも多くの人の心にやきついてはなれないのでしょう。
例をあげて作品を語られる中で、「フィレンツェに燃える」の貴族の役のお話をされるときには貴族の風情を、ジョニーの時にはジョニーの仕草や台詞をひと言おっしゃると、もう、それがいちいちカッコよくて会場から歓声があがります。
ジュンコさんが大好きだったと言われたのは、「たけくらべ」の信如、14歳くらいの子役。
そこから少し大人になった「星影の人」の総司。そして、宝塚最後の日本物となった「朝霧に消えた人」。
『柴田先生がこの沖田総司が大人になったらどうなんだろうって朝霧に消えた人ができたの。先生が総司の大人になったのをイメージして尚二郎を書いてくださったんですって。感激でね。』とお話してくださいました。
この3作は柴田先生がジュンコさんのために書かれた作品で、ジュンコさんの舞台人、男役としての成長にあわせて、信如から総司、尚二郎へと成長してゆく。舞台で履かれる下駄が、信如の分厚い朴歯(ほおば)の下駄から、総司の高下駄、尚二郎では繊細な細い桐の下駄になった時、あぁ、大人になったなぁと思われたそうです。
『もう、幸せでしょ。こんな色んな役させていただいて〜。皆さん、観てきたのよ。皆さん、どんなに幸せ。(拍手がおこります)
それは私だけっていうんじゃなくて、作品、先生が作られた本当にいい作品、多かったからね。私は遣らせていただいて幸せやったけど、皆さんはそれを観てくださったという、それも幸せやと思います。いい作品の色々をね、そのことが何より大きいなと思います。』と仰いました。

質問3 50周年を迎えて宮本順子さんから汀夏子さんにどのような声をかけてあげたいですか。

『「よぅ〜がんばったね〜」とちがうー?
(拍手)
どないがんばったと思うー、凄い頑張ったわ。それしかないわ。ごくろうさん、ゆっくりしいやぁ。彼見つけられんでごめんねとか、夫もできなくてごめんねぇとか(笑)
でも、いいじゃないの、こうやって皆さんいっぱいね、まだ観て下さる人がいらっしゃるんだから、幸せって感じなさいよって、言うことかな』


質問コーナーの後は、ジュンコさんの燕尾服の歴史特集、磨き上げられた男役の美というものをもう一度再認識してもらおうとスタッフの方が作成されたものでしたが、もうこの全て燕尾の10分間が圧巻でした。
宝塚の下級生時代の初々しい黒燕尾から、年代を追って次々に映し出されていく燕尾姿。
黒燕尾は勿論、白燕尾、真っ赤な燕尾、キラキラ華やかな燕尾、白と黒の変わり燕尾・・・etc、etc。
時に動画もはさみながら、様々なお芝居、ショーのシーンとともに極められてゆく汀夏子の男役の軌跡を目の当たりにすることができる映像になっていました。
BGM♪宝塚我が心のふるさとの音楽と共に様々なシーンが映し出されていき、クライマックス、宝塚時代のラストを飾ったのは勿論、究極の燕尾、サヨナラ公演の黒燕尾でした。
普通なら燕尾の歴史はここで終わりとなるのでしょうが、
「汀夏子の男役」には、この究極からさらに進化&深化してゆく燕尾の物語、第二章があるのです。
BGMはCobaさんの♪My Wayに変わり、宝塚退団後、魅せてくださった燕尾姿が次々と映し出され、今に近づくほどに、黒燕尾姿は、色々なものが削ぎ落とされ研ぎ澄まされ、ノーブルさと匂い立つ色気を増してゆく、ラストは昨年のディナーショーのダンスのお写真だったのですが、「今」が一番恰好いい!
そう思えることに私はもう号泣しそうになりました。

映写が終わると、大拍手。
ジュンコさんは、この映像をご覧になって改めて
『辞めてからも男役で燕尾を着続けている自分にびっくりしたわ。』と。
『でも、なんかやっぱりすごくいいわ』(会場キャ〜)
自分で言うのもなんやけど・・・とおっしゃっていましたが、本当に素敵!素敵!!素敵すぎです(涙)
『こうやって長いこと皆さんが燕尾の場面もずーっと観続けてくださったんだなって・・・。
ジュンコさんもこみあげてくるものをこらえておられるご様子でした。

「退団後の男役」「外での男役」、簡単に続けてこられるわけがありません。
ジュンコさんがどのような想いでこうやって燕尾を着続けてこられたか、磨き続けてこられたか、私たちに魅せつづけてきてくださったのか、そのご努力に思いを馳せた時、「ありがとうございます」の想いでいっぱいになりました。
この燕尾の物語第二章は、「汀夏子の男役」にしか紡げない物語であり、まさにジュンコさんの【MY WAY】なのだと思います。
宝塚時代の素晴しい作品を観ることができた私たちは幸せです。
それと同じくらい、最高の男役を見続けることができ、今尚最高にかっこいい「汀夏子の男役」に胸ときめかせることができる私たちは誰よりも幸せなファンだと思うのです。
『東京と大阪の50周年の会で
東京でもスタッフの皆さんが趣向を凝らし、会場も考えて、今回もスタッフの皆さんが何回も何回も打ち合わせして、写真や音楽、これホントに大変なことで、どうしたら皆さんに喜んでいただけるか、そしてどういう風にすれば汀のことをお祝いできるかと考えてくださって、ほんとに心を尽くして・・・・・・』

と仰ったところで涙でつまってしまわれました。

『ありがとうございました。ほんとに、スタッフの皆さんにもありがとうございました』
と涙声でおっしゃるジュンコさんに私たちも涙腺決壊。
会場は感動の涙と大きな大きな温かい拍手でつつまれました。

その後、司会の方が明るく雰囲気を変えられて、質問コーナーの続きで、地方公演の楽しいエピソードなどもうかがう事ができました。

最後に、ジュンコさんからの歌のプレゼント、
後方ステージに移動して歌ってくださいました。
「東京と大阪のスタッフが選んでくれた2曲」と曲紹介。
歌われる前に
「緊張するわ」と仰るジュンコさんが可愛いです。
夢人 と ♪太陽は燃えている
夢人はジュンコさんそのもの、♪太陽は燃えている、やっぱり素敵でした。

『素晴しい拍手を、この大きな愛と素晴しい拍手をありがとうございます。本当に感謝しています。皆さんもまだまだお若くて美しくてお元気で、もう私もどれくらい頑張れるかわかりませんが皆さんの前でいい顔ができますように日々精進するように努めまーす。ありがとうございました。』
そして、ファンの代表の方からとても華やかな芍薬の花束が手渡されました。
最後に
『皆さんの愛に溢れたこんな素晴しい会を催していただいて、ほんとに幸せでございました。ありがとうございましたの言葉しか浮かばへん。どんな言葉を並べても・・・・・・・。ほんとにね、感謝してます。どうぞ皆さま、ますますお元気で。』とご挨拶され、とびきりの笑顔を残して会場を後にされました。

この日、会のスタッフの皆さまがご用意くださった全てに、ジュンコさんへの深い深い愛、
ジュンコさんへの愛で繋がったふぁんの方々への愛とお心遣いが詰まっていました。
言葉にしてしまうと、こんな単純な表現で終わってしまうのですが、本当にいったいどれだけの想いをかけ、時間をかけ、このお祝いの会をご準備されたのか・・・。
今ここに至ってこんなにピュアな空気の集まりがあるのかと思うほど、純粋な想いの結晶みたいなお祝いの会でした。
それは、ジュンコさんを一番近くでご覧になってこられたスタッフの方々が、今尚ジュンコさんにときめきながら、ファンの気持ちでみつめておられるからだと思います。
そして、それはジュンコさんが、常に、ファンの気持ちを一番に考え、その気持ちを大切に、この長き道のりを歩んでこられたからこそではないかと思うのです。

ジュンコさん、スタッフの皆さま、そして会場に集われた皆さま、
素晴しい時間をありがとうございました。
ジュンコさんの50周年をご一緒にお祝いさせていただけたこの日を、心のアルバムに大切にしまいたいと思います。

  Home back