本文へスキップ

ファン・レターの宛先             

〒105-0014 東京都港区芝2-2-12        
ローヤルマンション金杉603

元宝塚歌劇団雪組トップスター。
1964年宝塚音楽学校を首席で卒業後、『花のふるさと物語』で初舞台。
初舞台以来10ヶ月で『港に浮いた青いトランク』の準主役に抜擢される。
初演当時の『ベルサイユのバラ』で男装の麗人オスカルを演じて人気爆発。
ベルバラブームの火付け役に。
『星影の人』では沖田総司役でトップスターの座を不動のものとする。
上演劇場の新宿コマ劇場は連日超満員で当劇場の観客動員新記録を樹立した。
『朝霧に消えた人』『オールマンリバー』では宝塚歌劇団の中で最高観客動員力を発揮。
人気絶頂だった1980年に宝塚を退団。
退団後は『回転木馬』『マリウス』『炎の妖精』『バス・ストップ』など多数のミュージカルに主演。
1987年には『楼蘭』『舞台はまわる』『さよならアラン』の三作品で、女優の中に宝塚時代に培った男役の魅力を巧みに生かした活躍ぶりが評価され、芸術選奨大衆芸能部門の文部大臣賞を受賞している。
現在も、女優としての幅を広げながら、『男役』を【芸】として進化させ続けている。
2011年、宝塚OG公演では ”森の石松”を演じ、本格的な殺陣も披露。
はまり役として好評を博した。
芝居の他、ライブ・ディナーショーを中心に、テレビ・ラジオ・全国各地での講演等、幅広く活躍中
  

yo-seiline
 
汀夏子のためのエチュード/寺山修司 より

汀夏子は、片目のジャックである
 つむった片目は、あした青い鳥をみるために残しておいてある

汀夏子は、焔のオルフェである。
 鳥は飛ぶとき、つばさで飛ぶが彼女は飛ぶとき燃えて飛ぶ

汀夏子は、かくれんぼの鬼である
 かくれた夢をさがして、
 今日も舞台のライムライトのなかに一人ぼっちで立っている

汀夏子は、少年であり、少女であり、そしてまた女であり、おしゃれな猫であり
 「心は孤独な猟人」であり、踊り子であり、
 飛行船に乗った詩人であり、
貧しい皿洗いの子である。

PROFILE

芸名  : 汀 夏子 
本名  : 宮本 順子
愛称  : ジュンコさん、
      ジュンちゃん
誕生日 : 12月21日(射手座)
血液型 : O型
出身地 : 大阪市
出身校 : 大阪女学院
特技  : 歌・日舞・洋舞・
      タップダンス
妖精のイメージ